ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

日刊スポーツがぶち上げた「巨人1位・奥川」の真相

2019年10月09日

10/9、日刊ゲンダイ30面より
「長くスカウトをやっているけど、初めて見た時に鳥肌が立った選手は初めてだと話をさせてもらった」。巨人は7日、大船渡の163キロ右腕・佐々木朗希(動画)の面談を同校で行った。球団の育成方針などを説明した長谷川スカウト部長は冒頭のコメントに続けて「目線をそらさず、時間を充実したものにしようという気持ちを感じた」と語った。

4日のスカウト会議終了後、同部長は「ドラフト1位候補は8人。佐々木君、(星稜)奥川君、(明大)森下君はA評価の中でも上」と説明していた。さるチーム関係者がこう言う。

「部長をはじめとしたスカウト部は、佐々木の潜在能力に惚れ込み、密着マークを続けてきた。近い将来、ローテーションの一角どころか、球界を代表する投手になる。能力は一番との評価をしている。育成期間が必要だけど、スカウトの大半は佐々木1位で一致しているのに、会議は紛糾したようです。

星稜が甲子園で準優勝したことで、甲子園のスターにこだわる球団の上層部がエースの奥川を強く推し、さらに“全権”原監督が即戦力を求めているからです」


すると会議翌日、日刊スポーツが1面で「巨人1位奥川」とブチ上げた。現場の関係者は寝耳に水だったようだ。

「佐々木か奥川かという段階で、まだ決まっていないはずなのに、そうなの? 奥川なの? って驚きました。でも、監督とつながりが深い新聞社だから、奥川になるんだ、って感じですね。原監督は即戦力が欲しくて来年、先発ローテーションで使いたいみたい。だったら大学生の森下?その選択肢はほとんどありません。

最終候補は2人に絞られています。高校生ながら奥川は、かなり即戦力に近いという球団の評価なんです」(前出の関係者)


巨人は今季、先発投手の駒不足に苦しんだ。規定投球回に到達したのは15勝を挙げた山口ただひとり。腰痛で離脱した菅野が11勝したものの、桜井が8勝、ドラフト1位ルーキー高橋が5勝。助っ人勢のメルセデスが8勝、ヤングマンが3勝と2ケタ勝利に届いていない。ただ、首をひねっている関係者もいる。

「原監督の契約はあと2年。球団の将来のことは考えてくれないのか。甲子園のスターうんぬんの前に、その年の一番の選手を指名するのが球団の方針のはずなのに・・・」

長谷川部長は「(原監督と)一致すると思う」と胸を張っていたが、佐々木と奥川で一致していない可能性がある。佐々木はこの日、中日、広島、阪神とも面談した。1年目から高校生をアテにするような球団、佐々木の方から願い下げかもしれないが・・・。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:06│ │巨人 
ドラフトニュース検索