ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

オリックス、嶋基宏(楽天)の獲得調査乗り出す

2019年10月09日

10/9、サンケイスポーツ4面より

2006楽天ドラフト大・社3巡目 嶋基宏
国学院大・捕手

オセアンバファローズスタジアムで始まった秋季練習。選手が2020年シーズンに向けて鍛練を積む陰で、フロントもチーム作りに動いていた。オリックスが、楽天・嶋(2006大・社3巡目)の獲得調査に乗り出したことが判明した。

今季プロ13年目を迎えた嶋は、世代交代を進めるチーム事情もあり、プロ入り最少となる57試合の出場にとどまり、打率.209、3本塁打、15打点。8月中旬以降は2軍生活と悔しいシーズンを送っていた。球団からは減額制限(1億円超は40%)を大幅に超える提示を受けたが受け入れず、退団を決意。球団に自由契約を選択する意向を伝えていた。

自由契約となれば、実績や経験豊富で若手の見本となる嶋の存在は他球団にとっても魅力的で、争奪戦は必至。セ・パ両リーグで複数球団が獲得調査に動くとみられ、そこにオリックスも加わっていく。

現在、チームの正捕手候補は24歳の若月。その他の捕手には6月に左アキレス腱を断裂してリハビリ中の伏見や、飯田、中日からトレードで加入した松井雅らで、野手全体を見ても若手が多い。野手最年長で来季38歳となる山崎勝もいるが、そこに日本一を知る嶋が加われば経験、知識を若手が吸収し、より一層、成長につながる。

24年ぶりのリーグ優勝につながるピースとして、嶋の調査を進めていく。



下は2006大学・社会人ドラフトで楽天が指名した選手です。嶋基宏は3巡目指名入団。プロでの成績はこちら

楽天の2006大・社ドラフト指名選手
希望枠合意せず
1巡目永井 怜東洋大投手
2巡目指名権なし
3巡目嶋 基宏国学院大捕手
4巡目横川 史学青山学院大外野手
5巡目渡辺 直人三菱ふそう川崎内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:02│ │オリックス 
ドラフトニュース検索