ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

巨人、山瀬慎之助(星稜)リストアップ

2019年10月13日

10/13、スポーツニッポン6面より

山瀬 慎之助 (星稜高・捕手)
177cm・右投右打・動画

巨人が今月17日のドラフト会議に向け、星稜の山瀬慎之助捕手(動画)をリストアップしていることが12日、分かった。くしくも、今季限りで現役引退を表明した阿部慎之助捕手と同名の強肩捕手。将来の正捕手候補と見込み、今夏の甲子園で奥川恭伸投手とバッテリーを組んで準優勝した高校生捕手を高く評価している。

山瀬の憧れの存在は、名前が「慎之助」と同じ阿部。二塁送球1・8秒台というプロレベルの強肩と、巧みなインサイドワークに定評がある。

10月4日のスカウト会議後。巨人・長谷川国利スカウト部長はリストを約60人にまで絞り込んだことを明かし、「高校生の中でも近未来的に戦力になりうる素材もいます」と話していた。ドラフト会議前日の16日、原監督も参加する会議で最終判断されるが、今夏のU18W杯で高校日本代表にも選出された逸材を指名の有力候補に挙げているもようだ。

山瀬は奥川と小学4年からバッテリーを組み、中学時には全国制覇。今夏の甲子園では、主将として24年ぶりの準優勝に導いた。広角に打てる打撃も魅力の大型捕手で、各球団のスカウトからは高校生捕手の中では頭一つ抜けた存在と評されている。

山瀬は「打てれば(さらに)良いですが、キャッチングやリードで認められれば目標に近づくことはできる」とプロ志望届提出を決めた。

巨人は、阿部が今季限りで現役引退。捕手陣は30歳の小林が68試合で先発マスクをかぶり、西武からFA移籍の32歳・炭谷が41試合、26歳の大城が30試合だった。3捕手がレベルの高い争いを繰り広げ、その他の捕手陣とは水をあけている印象が強い。

現在1位指名候補は奥川、大船渡・佐々木ら8人で、捕手では即戦力として東海大・海野も挙げている。次世代の正捕手候補の獲得、育成は急務だ。長谷川スカウト部長は「うちは育成でもしっかりしたシステムを確保してもらっています」と、近未来を見据える。高校生No・1捕手とも評される山瀬の動向の調査を、直前まで続ける。



山瀬君のスカウト評はこちら

山瀬君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:05│ │巨人 
ドラフトニュース検索