ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

中田惟斗(大阪桐蔭)、ドラフト指名を待つ

2019年10月13日

10/13、スポーツニッポン6面「隠れた逸材ファイル」より

中田 惟斗 (大阪桐蔭高・投手)
181cm・右投右打・動画

最強世代の後輩として、プロの荒波に飛び込む覚悟はできている。昨年の甲子園大会で2度目の春夏連覇を達成し、その後のドラフト会議で根尾(中日1位)、藤原(ロッテ1位)、横川(巨人4位)、柿木(日本ハム5位)の4人が指名されたあとの大阪桐蔭のエースナンバーを背負った中田(動画)は、真っすぐなまなざしで決意を語った。

「1個上の先輩は4人ともプロに入った。根尾さんたちを目の前で見て刺激を受けてきたので自分も挑戦したいと思った」。根尾の1軍デビューだった9月29日の阪神戦をテレビ観戦。翌30日を含めルーキーイヤーは2打席2三振に終わった先輩の姿を見ると同時に悔しさを想像し、さらなる練習への糧としている。

中学3年時には侍ジャパンの一員として、今秋ドラフト候補に挙がる興南・宮城、横浜・及川らとU15ワールドカップに出場した逸材。背番号1で臨んだ今夏は大阪大会準々決勝・金光大阪戦で延長14回、200球完投も及ばず、タイブレークの末に逆転サヨナラ負けで涙した。

平成時代に春夏10度ずつの甲子園出場と計8度の優勝を誇った大阪桐蔭にあって、11年以来8年ぶりに春夏とも出場を逃す屈辱だった。早すぎる夏の終わりから2ヵ月以上が過ぎ、現在は最速147キロの球速をアップさせるため、下半身のトレーニングを中心に練習に励んでいる。

「志望届は最初から出すつもりでした。心変わりはありません」。投手になりたいと思ったのは、横浜・松坂大輔が甲子園制覇したDVDを見て憧れたから。新旧の春夏連覇メンバーに影響を受けた右腕は、偉大な先輩と同じ舞台に立つチャンスを待っている。



中田君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01│ │高校 
ドラフトニュース検索