ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

阪神、アマチュア球界から嫌われてるというウワサ

2019年10月14日

10/14、日刊ゲンダイ27面より

奥川 恭伸 (星稜高・投手)
182cm・右投右打・動画

国体終了後にプロ表明をした星稜・奥川恭伸(動画)。U18W杯・カナダ戦では右肩の状態が万全ではない中で、7回1失点。18三振を奪う快投でメジャースカウトもうならせた。夏の甲子園では智弁和歌山戦で延長14回を一人で投げ、3安打1失点、23奪三振でプロのスカウトの度肝を抜いた。

最速154キロの直球はもちろん、キレのあるスライダー、フォーク、カーブを交える投球術、大舞台での勝負強さは折り紙付きだ。プロ12球団は、同じ高校生の佐々木朗希(大船渡)よりも「完成度が高い」と評価。巨人、中日、ロッテに加え、阪神も1位指名の有力候補に挙げるなど、今秋ドラフトでは1番人気になる可能性もある。

そんな中、奥川の周辺は阪神の動向にヤキモキしているという。 「阪神は、本気で高校生投手を指名するつもりなんですか?」。さる地元関係者が訝しげにこう言えば、「甲子園のファンのヤジは強烈だし、阪神の藤浪の扱い方を見ていると、そりゃ不安にもなりますよ」と、奥川を知るアマ球界関係者がこう続ける。

「制球難に陥った藤浪は今季、一軍登板1試合のみに終わり、復活することができなかった。球団も首脳陣も、藤浪に調整を任せっきりで、技術やメンタルのサポートすらできない。重症です。藤浪は高校時代にほぼ完成されており、阪神でなくても入団から3年連続で2ケタ勝利を挙げてますよ。

奥川は、高校時代の田中将大(現ヤンキース)と比較されることがあるが、現時点でマー君ほどの体力はない。奥川には一定の育成期間が必要。高卒の先発が伸び悩み、育成能力がない阪神に奥川を預けるのは、リスクが大きいと言わざるを得ません」


それにしても阪神はとことん、アマ球界から嫌われているようである。



奥川君のスカウト評はこちら

奥川君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:02│ │阪神 
ドラフトニュース検索