ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

佐々木朗希(大船渡)、日ハム単独指名の可能性浮上

2019年10月14日

10/14、日刊ゲンダイ27面より

佐々木 朗希 (大船渡高・投手)
189cm・右投右打・動画

数いるドラフト候補の中でも素質が飛び抜けているのは間違いない。163キロを投げる大船渡・佐々木朗希(動画)のことだ。ケタ外れの素質はしかし、プロ側の評価に直結しない。なにしろ、ひ弱なのだ。

医師は「球速に耐えられる骨、筋肉、靱帯、関節ではない」と話しているそうで、「故障する可能性が高い」(国保監督)と、甲子園出場の懸かった岩手大会決勝を欠場。U18日本代表に選ばれたものの、大学生との壮行試合や韓国戦ではマメを潰して、降板を余儀なくされた。登板間隔に制限がある上、たまに投げたかと思えば、指先を痛めている。

「プロ入り後は、本当に基礎体力を強化するところから始めなきゃならない。投手として一人前になるのに、いったい、何年かかるやら・・・」という各球団の不安に追い打ちをかけたのが、3日にスタートしたプロ側との面談だ。

「佐々木が聞いてくるのは、プロ入り後のトレーニングや練習環境のことがほとんど。本人もゼロからのスタートを自覚しているわけで、いよいよ及び腰になった球団が増えています。それに、もし、育てられなかった場合の反動も大きい。あれだけの大器を潰したとなれば、球団の評判もガタ落ちですからね。例えば巨人は、スカウト部が佐々木にゾッコンでしたけど、全権を握る原監督が即戦力を欲しがっていると聞きました」とは、さる球界関係者。

佐々木に対しては、唯一、日本ハムが1位指名を公言している。一時は12球団の1位指名もあるなんて言われたが、フタを開けてみれば、日本ハムの単独指名まであるかもしれない。



佐々木君のスカウト評はこちら

佐々木君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:03│ │日本ハム 
ドラフトニュース検索