ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト展望(産経新聞の見解)

2019年10月15日

産経新聞websiteより (source)
プロ野球のドラフト会議が17日に開催される。昨年は、甲子園大会で春夏連覇した大阪桐蔭高の根尾昂内野手(中日)ら高校生野手に大きな注目が集まったが、今年は一転して投手が豊作。在阪球団の幹部からは「1位指名は3投手に集中するのではないか」との声も聞かれる。

競合は必至の状況で、再び抽選のドラマが繰り広げられそうだ。

今回のドラフトで目玉候補と目されるのが、最速160キロを超える剛腕、大船渡高の佐々木朗希投手(動画)と、今夏の甲子園で準優勝した星稜高の奥川恭伸投手(動画)の2人だ。

動向が注目されていた佐々木は10月3日にプロ志望を表明し、「12球団、どこでも頑張りたい。子供たちに夢と希望を与えられる選手になりたい」と抱負を語った。今夏は岩手大会の決勝で登板機会がないまま敗退。甲子園出場経験はないが速球が最大の魅力で、プロの評価も、その伸びしろの大きさにある。

例年、「その年の1番の選手」の獲得に動く日本ハムが早くから1位指名を明言。今回のドラフトで1番人気の呼び声が高い。

佐々木と並んで“超高校級”の評価を集めているのが奥川だ。150キロを超える速球に加え、スライダーやフォークボールも一級品。夏の甲子園を視察したスカウトの一人は「きっちりとコーナーに投げ分ける制球力もある。1年目から1軍で活躍できる」と太鼓判を押す。

甲子園の大舞台を何度も経験してきたスター性も魅力の一つ。阪神中日が1位の有力候補にリストアップしている。

高校生2人とともに、もう一人の注目右腕が6月の全日本大学選手権で明大を38年ぶりの優勝に導き、最高殊勲選手にも輝いた森下暢仁投手(動画)だ。大分商高時代に甲子園のマウンドも踏んだ本格派投手。150キロ台半ばの直球だけでなく、大学4年間で大きく曲がるカーブなど変化球に磨きをかけ、投球の幅が広がった。

先発完投能力があり、即戦力投手を獲得したい複数の球団からの1位指名も十分に考えられる。

他に1位候補として名前が挙がっているのが、創志学園高の西純矢投手(動画)横浜高の本格派左腕、及川雅貴投手(動画)で、佐々木、奥川とともに「高校生ビッグ4」と称されてきた。大学生では、日体大の吉田大喜投手(動画)東北福祉大の津森宥紀投手(動画)も上位候補に名を連ねている。

例年、この時期になると1位指名の選手を明言するチームが複数出てくるが、今年は日本ハムだけ。各球団とも、直前まで他チームの動向を探っているともいえるだろう。1位入札が集中するのか、一本釣りを狙う球団が出てくるのかが注目ポイントになる。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 07:02│ │ドラフト展望 
ドラフトニュース検索