ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト展望(デイリースポーツの見解)

2019年10月15日

10/15、デイリースポーツ1面より
今秋ドラフトでは最速163キロの大船渡・佐々木朗希投手(動画)、今夏の甲子園準優勝投手の星稜・奥川恭伸投手(動画)、大学ナンバーワン投手の明大・森下暢仁投手(動画)の3人に人気が集中するのは間違いなく、いずれの3投手も交渉権獲得へ向けて競合は必至だ。

佐々木に対しては6月の時点で日本ハムが12球団最速で1位指名を公表した。各球団そろってトップ評価を下しており、戦力の充実したソフトバンクなど最低でも3球団ほどの入札が予想される。佐々木に比べ、実績十分な奥川も同等か、それ以上の重複の可能性がある。即戦力投手を求める球団は森下への指名に流れそうだ。

全体として最上位評価の選手が少ない印象で、外れ1位でもクジ引きとなる可能性は高い。外れの外れ1位となってしまうリスクを考え、社会人左腕のJFE西日本・河野竜生投手(動画)らの単独指名狙いに切り替える球団も出てきそうだ。



2019高校生のドラフト候補一覧はこちら

2019大学生のドラフト候補一覧はこちら

2019社会人のドラフト候補一覧はこちら

2019ドラフト指名予想はこちら

12球団ドラフト情報まとめはこちら


draftkaigi at 09:06│ │ドラフト展望 
ドラフトニュース検索