ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

中日、石川昂弥(東邦)の一本釣り最有力に

2019年10月16日

10/16、中日スポーツ1面より

石川 昂弥 (東邦高・三塁手兼投手)
185cm・右投右打・動画

刻一刻と迫る17日、運命のドラフト会議。中日は昨年、競合覚悟で根尾の指名に踏み切ったが、今年は一転、一本釣りの戦略へかじを切る可能性が出てきた。その名前が高校球界No.1スラッガーの呼び声高い地元・東邦高の石川(動画)だ。

中日は4日のスカウト会議後、米村チーフスカウトが「奥川、佐々木、森下、河野の4人が1位候補。意見が分かれている」と説明。投手の1位指名が基本線と見られていたが、右の大砲候補として石川の名前を捨てたわけでなかった。

今春センバツ大会。エース、主砲、主将として東邦高を優勝へと導いた。高校通算55本塁打。その数字が示すように、長距離砲として中日も早くから注目してきた。8月末から韓国で開催されたU―18W杯では日本の4番を任され、木製バットで打率3割3分3厘、1本塁打、9打点の好成績。その評価を一気に高めた。

その石川は各球団も注目し、今や外れ1位候補として浮上。米村チーフスカウトが「最大に評価している。勝てるピッチャー」と一貫して評価してきた星稜・奥川(動画)は巨人、阪神なども熱視線を送るなど競合は避けられない。

最悪のシナリオは、奥川をクジ引きで外し、外れ1位で競合の可能性もある石川もクジ引きで外すケース。ならば、石川を一本釣りで…という青写真が出来上がるのも自然の流れだ。

プロでは野手で勝負を挑む石川のポジションは、U-18W杯でも務めた三塁。中日の三塁といえば、今季は高橋がレギュラーに定着したが、競争が激化することは、おのずとチームの底上げにつながる。西武・中村&山川、広島・鈴木、巨人・岡本・・・。そんな右の和製4番候補として夢は膨らむ逸材だ。

ドラフトを前日に控えた16日には、スカウト会議が開かれる。そこで決まるのか、はたまた当日まで決まらないのか。奥川の可能性も消えないものの、石川がドラフト1位の最有力候補となったことは間違いない。



石川君のスカウト評はこちら

石川君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 09:14│ │中日 
ドラフトニュース検索