ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

喜多亮太(BC石川)、複数球団から調査書届く

2019年10月16日

10/16、スポーツニッポン8面「隠れた逸材ファイル」より

喜多 亮太 (石川ミリオンスターズ・捕手)
177cm・右投右打・動画

ドラフト会議を間近に控えた10月上旬、喜多(動画)は地元の大阪にいた。独立リーグの給料は公式戦期間しか出ないため家業を手伝いながら練習に励んでいた。「去年までは恵まれ過ぎた環境でした。野球を辞めても正社員で残れて。ただ、このままダラダラ続けていても良くないなと」

敦賀気比では強肩強打の捕手として注目された。社会人のセガサミーでも3年目にレギュラーをつかんだがプロには届かず。自身への甘えを捨て、年齢的にも最後のチャンスと考えて高校時代を過ごした北信越地区でのプレーを決断した。

BC・石川では元日本ハムの82勝左腕・武田監督から多くのことを学び「めちゃくちゃ感謝しています」と振り返る。試合中はベンチに帰るたびに配球や投手心理について質問攻めにした。5月に打撃不振に陥った時は、打順を下位から2番に変えられたことで、つなぎの打撃を思い出し復調。自由にやらせてもらう中で、自ら考えてやるプレーの質を高めた。

古巣への感謝の気持ちも忘れていない。「セガサミーの5年間があったから今がある」。同社野球部が応援歌として使う「檄!帝国華撃団」を今季の打席入場曲に使用したのも、そのためだ。

9月にはBC選抜の一員として巨人、オリックスの2軍と戦い最後のアピールを終えた。「捕手として見せられるものは、全部見せました。今はすっきりした気持ちです」。

ドラフトで指名がなければ、野球選手を引退する。必死で駆け抜けた1年間の評価として、複数球団から調査書が届く。明日17日が、喜び多き運命の日になることを祈っている。



喜多君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 09:35│ │独立リーグ 
ドラフトニュース検索