ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2019ドラフト総括(サンケイスポーツ)

2019年10月18日

10/18、サンケイスポーツ5面より
指名結果を点数で表すときに「入札で1位指名の交渉権を獲得できれば100点」という考えがあると聞く。だから競合を制したヤクルトロッテ中日、単独で成功した広島DeNAの5球団は高得点になる。

中でもヤクルトは2位で吉田、3位で杉山と150キロ前後の直球が武器の大学生を指名。即戦力の投手が補強ポイントだけに「◎」をつける。

高校四天王の一角である西を外れ1位で、3位で及川を指名した阪神は「〇」。佐々木の交渉権を逃し、即戦力投手に切り替えた西武と、1位と2位で社会人の投手を指名した日本ハムは選手層が厚くなる。1位の抽選で2度外れた巨人オリックスは上位で将来性の豊かな選手の指名に変えた。

広島の1位・森下(明大)は野村の大学の後輩で、3位・鈴木(霞ケ浦高)は遠藤、4位・韮沢(花咲徳栄高)は高橋昂の高校の後輩。先に入団した選手の練習に取り組む姿勢などから、同窓の選手への期待値が高くなるのだろう。個人の評価ではなく、脈々と続くものもある。 



2019ドラフト、12球団の指名選手はこちら

2019育成ドラフト、12球団の指名選手はこちら



draftkaigi at 07:00│ │ドラフト総括 
ドラフトニュース検索