ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

指名漏れの林優樹(近江)、西濃運輸へ就職予定

2019年10月19日

毎日新聞websiteより (source)

林 優樹 (近江高・投手)
174cm・左投左打・動画

17日のプロ野球の新人選手選択会議で、今夏の甲子園で近江高の主戦を務め、今年のU18W杯メンバーにも選出された左腕・林優樹投手(動画)は指名されなかった。

終了後、滋賀県彦根市の同校で開かれた記者会見で、林投手は「(指名されなかったのは)実力が足りなかったから。3年後、必ずプロ野球にいけるよう頑張りたい」と決意を述べた。卒業後は社会人野球の強豪・西濃運輸(岐阜)に就職する予定

林投手は京都市出身。兄と姉の影響で4歳から野球を始めた。174センチ、61キロの小柄な体格ながら、膝を肩近くまで上げるダイナミックなフォームから繰り出すチェンジアップを武器に、2018年春のセンバツで2年生ながら先発を務めると、同年夏の甲子園では県勢17年ぶりのベスト8入りに貢献。同学年の有馬諒捕手とのバッテリーでも、注目を集めた。

背番号「1」を任された今夏の滋賀大会では4試合計26回を投げ、30奪三振無失点と好投。2年連続の夏の甲子園出場を果たしたが、守備の乱れもあり初戦で敗退した。

林投手は「ドラフトを楽しみに待っていた。少し悔しい気持ちもあるが、U18W杯メンバーなどに追い付き、追い越せでしていきたい」と晴れやかに語った。今夏の甲子園を振り返った際には「周りを見た時、たくさんの人が応援してくれていて感動した。プレッシャーを乗り越えて出場できて、良かったと思った」と涙を拭った。



林君のスカウト評はこちら

林君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:00│ │社会人 
ドラフトニュース検索