ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

広島6位・玉村昇悟、スカウト「3年で出てきて欲しい」

2019年10月22日

10/22、スポニチwebsiteより (source)

2019広島ドラフト6位 玉村昇悟
丹生高・投手・動画

広島からドラフト6位指名を受けた丹生・玉村昇悟投手(動画)は21日、福井県丹生郡の同校で高山健一、尾形佳紀の両スカウトから指名あいさつを受けた。

同じく1位指名された明大・森下投手の投球フォームを手本として、実力を磨いてきたことを明かした147キロ左腕は、憧れの人に弟子入りして全てを吸収するため、一日でも早い1軍昇格を誓った。

玉村にとっては、二重の喜びだった。広島から指名を受けたことと同様、森下と同じユニホームを着られる偶然が幸せだった。「ビックリしましたし、とてもうれしかったです。近くにいるんだ…と思って」。まだ表情にあどけなさの残る147キロ左腕は、笑顔で声を弾ませた。

夏の福井大会を控えた今年5月、丹生・春木竜一監督から一枚の写真を見せられた。森下のリリース時のものだった。「僕は胸を上に向けて投げるイメージを持っていますが、投げ方が理想的でした」

以来、動画サイトを見て猛研究。胸を張り、体の縦軸で投げ下ろすフォームを固めて最後の夏に挑んだ。決勝で敦賀気比に敗れたが、計42回1/3を投げ大会新記録の52奪三振をマーク。全国にその名を知らしめ、評価を上げた。

一定の結果は示したが、フォームはまだ完成の域には達していない。「あとで見返したら、全然できていなかった」。春木監督も「まだ(完成度は)5~6割くらい」と言う。

だからこそ“師匠”の存在は心強い。森下はすでに春季キャンプの1軍スタートが内定しており、順調なら開幕も1軍で迎える可能性が高い。一方で、玉村はまずは2軍での体づくりがメインとなる。「年齢も違うし、すごすぎて同期とは思えないですが、機会があれば、いろいろ聞かせていただきたい」と弟子入りのため、早期の1軍昇格を目指す。

担当の高山スカウトは「左打者の内角に投げ込めるのが一番の魅力。体ができれば、3年くらいで出てきてもらいたい選手」と期待する。

広島は昨年の修学旅行で訪れた。「応援も赤一色ですし、街にもカープのものが常にある。地元に愛されている」と、一足早く地域の「愛」を肌で感じてきた。野球に集中でき、お手本も身近にいる環境。潜在能力を解放する舞台は整っている。



玉村君のスカウト評はこちら

玉村君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 08:08│ │広島 
ドラフトニュース検索