ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

巨人・原監督、「セ・リーグもDH制導入を」

2019年10月25日

10/25、サンケイスポーツ6面より
喜びと悔しさが、同時に胸に去来した。5年ぶりにリーグ優勝を果たしながら、4連敗で7年ぶりの日本一には届かず。約2時間のオーナー報告を終えた原監督は「2020年に向け、もうスタートを切っている」と気持ちを新たにした。

チームは、縁起の良い数字とともに来季へ動き出す。1軍が約1週間の休養期間を経て、秋季練習を11月1日午前11時11分に始めることを決定。「スタートだからね。全て20年に向けて」と説明した1並びの再始動に、12年以来となる日本「一」奪還への強い思いを込めた。

さらに、秋季練習からの今オフの課題として「全体のレベルアップ」を強調。「(日本シリーズは)若い選手を思いきって使ったが、力を出し切れなかった」と、チーム力の底上げに力を注ぐ考えを示した。

それだけではない。7年連続でパ・リーグ球団が日本一に輝いている状況に、強い危機感を口にした。解決案として目を向けたのがセ・リーグでのDH制導入。あくまでオーナー報告の席で持ち上がった話題ではないが、かねて待望論を唱えており「DH制は使うべきだろうね。相当差をつけられている感じがある」と持論を展開した。

メリットは多い。投手は投球に専念でき、打線は迫力を増すだけでなく野手を1人多く育成できる。守備に難がある外国人を獲得しやすくなり、選手層の厚みも増す。

競技人口拡大を見据え「レギュラーが9人から10人になる。教育的」と、高校野球での導入にも肯定的な見解を示した。パでは1975年に採用され、既に40年以上の歴史があるDH制。原監督は「何をもって立ち止まっている、あるいは守っているのか」と訴え、議論の活性化を望んだ。 




2019ドラフト、12球団の指名選手はこちら

2019育成ドラフト、12球団の指名選手はこちら


draftkaigi at 07:05│ │巨人 
ドラフトニュース検索