ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

高卒新人・小幡(阪神)、守備では小園・根尾より上

2019年10月28日

10/28、サンケイスポーツ3面より

2018阪神ドラフト2位 小幡竜平
延岡学園高・遊撃手・動画

宮崎に朗報が届いた。将来性あふれる高卒ルーキーが大抜擢。小幡竜平(2018阪神2位)が高知・安芸での秋季キャンプのメンバーに選ばれ、落ち着いた口調で意気込んだ。「すごくありがたいです。一番(年齢が)下で、元気のよさというのはテーマでもあったので意識していきたい」

軽い身のこなしと肩の強さ、安定感のある送球で守備には定評がある。本職は遊撃だが、二塁の守備にもウエスタンで2試合ついた。今季ウエスタンで99試合に出場し、打率・225、1本塁打、14打点。打撃では少し苦しんだところもあるが、遊撃ではチームトップの93試合で守備についた。

「まだまだですけど、最初の方に比べれば自分のものになってきている部分もある」と、経験を積んで手応えもつかんできている。

この日、フェニックス・リーグのDeNA戦に出場し、三遊間への深い打球の処理にもたつくと、一塁への送球が逸れ、1失策こそ記録。それでも、残りの4度の守備機会では無難に打球を処理すると、打撃では1―1の九回。先頭で打席に立つと、4年目右腕の赤間から右前打を放ち、サヨナラとなるホームを踏んだ。

今季チームは12球団ワーストの102失策。遊撃でも6人の選手がつき、計31失策と不安定さが露呈してしまった。遊撃争いに守備が武器の19歳が加われば、他の遊撃手にとっても相乗効果をもたらすはず。平田2軍監督も「守りは十分アピールできる。北條とかは、ビビるんじゃない? スローイングも安定しているし、セールスポイント」と太鼓判を押した。

高卒ルーキー野手では2015年の植田以来の抜擢。秋季練習を行う甲子園で取材に応じた矢野監督も「守備は(同じ高卒1年目の)小園(広島)や根尾(中日)より、小幡の方がうまいよという話も聞いてる。早く見て、一緒にやりたいなと思う」。その目でプレーを見る日を心待ちにした。

来季、10代野手の1軍戦出場なら、虎では12年中谷将大以来。「スローイングが売りなので、捕ってスローイングというのが一番見せたい部分」。期待十分の若虎が、チームに新たな刺激を加える。



下は2018ドラフトで阪神が指名した選手です。2位指名・小幡君のスカウト評はこちら

阪神の2018ドラフト指名選手 
1位 近本 光司 大阪ガス 外野手
2位 小幡 竜平 延岡学園高 内野手
3位 木浪 聖也 ホンダ 内野手
4位 斎藤 友貴哉 ホンダ 投手
5位 川原 陸 創成館高 投手
6位 湯浅 京己 BC富山 投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:02│ │阪神 
ドラフトニュース検索