ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

中日5位・岡林勇希、投手か野手か現場で見て判断へ

2019年10月30日

10/30、中日スポーツ3面より

2019中日ドラフト5位 岡林勇希
菰野高・投手・動画

中日からドラフト5位指名された菰野・岡林勇希投手(動画)が29日、三重県菰野町の同校で指名あいさつを受けた。投打ともに高い評価を受けている岡林は、プロとしてどちらで勝負することになってもいいように、まずは二刀流で準備していくと宣言した。

抱く夢は、とてつもなく大きい。指名あいさつを受けた岡林はプロでの目標を聞かれると、キッパリと言った。「誰もが知るような、日本球界を代表するような選手になりたい。活躍して有名になるのが目標」。その目標へ向け、まずは二刀流で準備を進めることになった。

「投手としても野手としても、両方評価してくださったので、まずは両方練習して、球団から必要とされるところで勝負したい」。

本職は投手で、MAX153キロのストレートが武器だ。だが、高校時代は4番を打ち、高校通算21本塁打を記録した左打席からの長打力も捨てがたい。50メートルを5秒8で走るなど身体能力は高い。遠投は「120メートルぐらい」と言い、高校時代にレフトを守った時には、好返球で何度も走者を刺していた。

そこで、現段階では投手、野手のどちらかに絞らず、プロとしての可能性を広げることにした。担当の清水スカウトは「ドラフト5位指名だが、モノは上位とヒケを取らない。投手としてまだまだ伸びしろがある。足も速く野手としてもいい。現場で見ていただいてから判断してもらえればと思う」と評価する。

指名順位こそ下位だったものの、米村チーフスカウトがあいさつの場で「よくぞ残っていてくれた」と話したほどで、高いポテンシャルには魅力が詰まっている。



岡林君のスカウト評はこちら

岡林君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:03│ │中日 
ドラフトニュース検索