ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

山崎憲晴(阪神戦力外)、球団スコアラーで再出発

2019年11月01日

デイリースポーツwebsiteより (source)

2008横浜ドラフト3位 山崎憲晴
横浜商大・内野手・22歳

阪神・山崎憲晴内野手(2008横浜3位)が31日、現役を引退して来季から球団スコアラーに就任することを明らかにした。この日から始まった秋季キャンプには、研修をかねて参加。打撃練習中の映像撮影など精力的に動いた。

自身の現役引退について「タイガースに一番辛いときに拾ってもらったので、タイガースで現役を終えようと決めていた。家族も納得してくれたので。(球団に)長く恩返しをしていければいい」と話した。

山崎は2008年度のドラフト3位で横浜(現DeNA)に入団した。2013年シーズンには、内野全ポジションで出場。翌14年に遊撃の定位置を確保し、115試合に出場した。だが、16年に左膝内側側副じん帯断裂。翌17年を含めて2年連続1軍出場がなく、同年のオフに戦力外通告を受けた。

だが、トライアウトで結果を残し、阪神が獲得。18年シーズンは開幕1軍メンバーにも入った。4月14日のヤクルト戦で2番・二塁手として移籍後初スタメン。翌5月27日の巨人戦では、移籍後初安打&初打点を記録した。主に守備固めで32試合に出場。野球に取り組む姿勢を含めて、選手、監督、コーチらからの信頼も厚かった。

来季から球団スコアラーとして新たな人生を歩む。「スコアラーの方には攻撃の時だけでなく、守備のことに関してもお世話になった。選手が求めるものにはすぐに答えられるなど、数字に残らない感覚のことなどを伝えていければいい」とこれまでの経験も生かしていく。今度はネット裏の仕事人としてチームを支える。



下は2008ドラフトで横浜(DeNA)が指名した選手です。山崎憲晴は3位指名入団。プロでの成績はこちら

横浜の2008ドラフト指名選手
1位松本 啓二朗早稲田大外野手
2位藤江 均東邦ガス投手
3位山崎 憲晴横浜商大内野手
4位細山田 武史早稲田大捕手
5位小杉 陽太JR東日本投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:30│ │戦力外通告 
ドラフトニュース検索