ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

DeNA1位・森敬斗が仮契約、20年ぶりの背番号1ケタ

2019年11月03日

11/3、サンケイスポーツ4面より

2019DeNAドラフト1位 森敬斗
桐蔭学園高・遊撃手・動画

DeMAからドラフト1位指名された桐蔭学園・森敬斗内野手(動画)の入団が2日、決まった。横浜市の新横浜プリンスホテルで契約金1億円、年俸1000万円で合意し、背番号は6に決定。高卒ルーキーとしては1999年のドラフトで入団した田中一徳以来、20年ぶりの1桁スタートに球団からの破格の期待が表れた。

ラグビーW杯決勝の熱気が漂う新横浜で、森がDeNAの一員としての第一歩を刻んだ。日産スタジアムにほど近いホテルで仮契約を結び「少しずつ実感が湧いてきました。期待に応えられるように頑張りたいです」と目を輝かせた。

球団では、2009年秋のドラフトで指名された筒香(当時横浜高)以来となる高卒野手の1位入団。背番号は6に決まった。打率、長打力、スピード、強肩、フィールディングに優れた万能型の「5ツールプレーヤー」で、次世代の正遊撃手としての期待が、その数字に表れていた。

吉田孝司球団代表補佐兼スカウト部長は「期待の星ですから。(三原球団)代表からも『空いている中で一番いい番号を』ということで6番にしました」と説明した。

高卒新人に1桁番号が与えられるのは、球団では1999年秋のドラフトで1位指名された田中一徳の9以来、20年ぶり。遊撃手の代名詞ともいえる6は、森自身も2年秋から慣れ親しんでおり「うれしいです」と笑みが弾けた。

契約金1億円、年俸1000万円には「(金額の)数字を見てプロになるんだと実感した」と身震い。「これからは野球で稼いでいくので体を第一に。1年目から1軍で試合に出してもらえるように頑張ります」と意気込んだ。既に木製バットでの練習にも励んでおり、プロへの準備は着々と進んでいる。背番号6のスター候補がDeNAに加わった。



森君のスカウト評はこちら

森君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:00│ │横浜DeNA 
ドラフトニュース検索