ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

西武、福田秀平(ソフトバンク)に速攻アタック

2019年11月03日

11/3、スポーツ報知7面より

2006ソフトバンク高校ドラフト1巡目 福田秀平
多摩大聖ヶ丘高・内野手

プロ野球のフリーエージェント(FA)宣言選手が2日、コミッショナーから公示され、西武の秋山翔吾外野手ら、6選手が名を連ねた。3日から所属した球団以外との交渉が可能になり、西武は、国内FA権を行使したソフトバンクの福田秀平外野手(2006ソフトバンク1巡目)の獲得に向けて、解禁日即日の交渉に踏み切る。

西武はこの日、福田と3日に入団交渉を行うと発表した。渡辺久信GMは「ウチが一番必要としている」と、三拍子そろうユーティリティープレーヤーにラブコール。福田が権利行使の申請書類を提出した10月25日に「(獲得に)行く」と明言していた。交渉解禁日に速攻でアタックをかけ、楽天やロッテとの争奪戦を制する構えだ。

福田は今季80試合に出場し、打率.259、9本塁打、26打点。広い守備範囲と強肩に加え、通算79盗塁の走力も魅力だ。ソフトバンクは外野手の層が厚く「頭(スタメン)から出たいという気持ちはある」と出場機会を求めての決断となった。

西武は不動の中堅手・秋山が海外FA権を行使。メジャー移籍となれば外野手の枠が一つ空く。チームには両翼を守った金子侑と木村、栗山らがいるとはいえ、秋山が抜けて、福田が入団すればレギュラー起用の可能性がある。球団側はアピールポイントを前面に押し出して交渉する。



下は2006高校ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。福田秀平は1巡目指名入団。プロでの成績はこちら

ソフトバンクの2006高校ドラフト指名選手
1巡目 福田 秀平 多摩大聖ヶ丘高 内野手
2巡目 指名権なし
3巡目 伊奈 龍哉 近江高 外野手
4巡目 李 秉諺 岡山共生高 内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01│ │西武 | ソフトバンク
ドラフトニュース検索