ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

中日6位・竹内龍臣、スカウト「感性あり上でやれる」

2019年11月06日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2019中日ドラフト6位 竹内龍臣
札幌創成高・投手

中日6位の札幌創成・竹内龍臣投手が5日、札幌市内の同校で指名あいさつを受け、同市内のホテルで入団交渉を行い契約金2500万円、年俸550万円(金額は推定)で仮契約した。

64年創立の同校からは初のプロ野球選手が誕生。手本にしたい選手には自身同様、アルペンスキー選手の経験がある昨年中日1位の根尾昂を挙げた。貪欲に練習に取り組む姿勢を学び、本格派右腕が1軍を目指す。

ひたむきな努力でチャンスをつかんだ。仮契約を済ませた竹内は少し緊張した面持ちで「頑張れば頑張った分、人生が変わるんだと思った。長く活躍できる選手になりたい」と口にした。中日で手本にしたい選手には根尾の名前を挙げ「午前3時から練習していると聞いた。真面目な姿勢を学びたい」と意気込んだ。

驚異的成長度がプロの心をつかんだ。八木智哉スカウトは「元々、球の回転や制球は良かった。さらに、昨年からの半年で球速が10キロ以上も増えた。感性があり、上でやれる選手。150キロもすぐにいける」と評価。昨秋までの133キロを、ひと冬で147キロまで上げたセンスと伸びしろが道を開いた。

挫折が力になった。中学1年で強豪の新琴似リトルシニアに入団。当時チームメートだったソフトバンク4位の東海大札幌・小林珠維は既に180センチ近い巨漢だったが、竹内は150センチを超えた程度。肩も弱く、一、二塁間の送球すらままならない補欠の野手だった。試合に出たのは1度だけ。

レベルの差を感じ1年冬で退団してから5年後、当時は手の届かない存在だった小林と同じプロのスタートラインに立った。

現在は177センチ、80キロ。昨冬から、午後10時に夜食を食べるようにし、白菜と豚肉のしゃぶしゃぶでご飯をかき込み、体重を増やし、球速を上げ、夢をつかんだ。ソフトバンクの小林とはウエスタン・リーグで対戦する可能性もある。昨秋の札幌地区3回戦では4-5で敗れ、小林にも痛打された。

「高校では打たれてばかりだったので打ち取れるようになりたい」。日々鍛錬を続け、一歩ずつ高みを目指す。



竹内君のピッチング動画をお持ちの方、ユーチューブへアップお願いします。


draftkaigi at 07:00│ │中日 
ドラフトニュース検索