ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

日ハム7位・片岡奨人、スカウト「伸びしろに期待」

2019年11月15日

スポーツ報知websiteより (source)

2019日本ハムドラフト7位 片岡奨人
東日本国際大・外野手・動画

プロ野球・ドラフト会議で日本ハムから7位指名を受けた札幌市出身の東日本国際大・片岡奨人外野手(動画)が14日、福島・いわき市の同大学で球団と契約金2000万円、年俸700万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。

契約に先立ち、千葉・鎌ケ谷市の球団施設を見学したという片岡は清宮幸太郎内野手らともあいさつを交わし「一日も早く1軍でプレー出来るように努力していきたい」と決意を新たにした。

仮契約を済ませた片岡の表情は引き締まっていた。北海道で生まれ育ち、幼い頃から憧れていた日本ハムでプロ選手になる夢がかない「しっかりプロのステージで活躍できることが大事。一日でも早く試合に出たい」。色紙には札幌日大高時代のスローガンだという「挑戦」の2文字を力強く記し、決意を示した。

契約に先立ち、ひとつの“目標”を見つけた。6日に千葉・鎌ケ谷市の球団施設を見学。きれいに生えそろっていた芝生に驚いていると、グラウンドでは清宮らが練習しており「あいさつ程度でしたけど、テレビで見ている人だ、こういう人と野球をやるのか、と思ってしまいました」と圧倒された。

守備と俊足が評価されてのプロ入りで「自分自身はまだまだメジャーじゃない」と認めるが、将来的には「自分も『テレビで見ている人』と思ってもらえるように活躍したい」と気持ちを新たにした。

現在は、大学で後輩たちの練習に参加し、課題でもある打撃の強化に取り組んでいる。パワーをつけるため体重も来年1月の新人合同自主トレまでに80キロ台に増量することを目指し、打撃フォームも「できるだけボールを長く見られるような形に」改造中だ。

大渕隆スカウト部長も「身体的にも前向きで誠実な面も伸びる要素はたくさん。伸びしろに期待している」と評価。目標とする西川遥輝外野手のように「走攻守すべてでスケールの大きい選手」に追いつき、追い越すために自らを磨いていく。



片岡君のバッティング動画はこちら

draftkaigi at 07:00│ │日本ハム 
ドラフトニュース検索