ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

ソフトB3位・津森宥紀、スカウト「貴重な右サイド」

2019年11月27日

日刊スポーツwebsiteより (source)

2019ソフトバンクドラフト3位 津森宥紀
東北福祉大・投手・動画

ソフトバンクにドラフト3位指名された東北福祉大・津森宥紀投手(動画)が26日、仙台市内のホテルで契約金6000万円、年俸1100万円(金額はすべて推定)で仮契約した。セットアッパーとして即戦力の期待を背負う。ケンカ投法を武器にする最速149キロの横手投げ右腕は、150キロの大台突破と将来の侍ジャパン入りも目標に掲げた。(金額は推定)

3年連続日本一のソフトバンクに、期待の新戦力が誕生した。契約合意した津森は、福山龍太郎スカウトチーフと大学の先輩でもある作山和英スカウトが持参したユニホームに袖を通し、「少しずつプロの世界に近づいている。1軍にいって中継ぎで1年間任せてもらえるピッチャーになりたい」と闘志を燃やした。

大学野球日本選手権に1年春から4年連続出場。昨春はエースとして、大学日本一に導いた。今秋は自身初の明治神宮野球大会出場し、初戦で強豪・東海大と対戦。最終回に味方が一挙4失策し無念のサヨナラ負けを喫した。しかし、7回から救援した津森は打者12人を無安打に抑え、3者連続を含む6三振を奪って輝きを放った。

大学日本代表でも過去3大会に出場。国際試合6戦(計6回2/3)に救援し、防御率0・00の成績を残している。
死球も恐れない。打者の胸元を突く速球と手元で浮き上がるような球筋が持ち味だ。

福山スカウトチーフは「うちにいない貴重な右サイド。ケンカ投法は勝ちゲームのセットアッパーむき。近い将来、大事な試合を任せられる即戦力になってほしい」と期待した。

入団後は「力強い投球を参考にしたい」とプロ6年目で通算ホールド96の先輩右腕・森唯斗への弟子入りを志願。「体のケアや試合の入り方。モチベーションやコンディション作りを聞きたい」と救援投手の極意を追及する。

この日は、実家の和歌山から父正喜さんと母悦子さんも駆けつけた。正喜さんは「1年でも長く活躍してほしい」と期待を込めれば、孝行息子は「体を作ってキレを大事にしながらスピードも高めたい。西武のクリーンアップを抑えたい」と、すでに心はプロそのものだった。




津森君のスカウト評はこちら

津森君のピッチング動画はこちら



draftkaigi at 07:04│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索