ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

阪神争奪戦敗退! 牧田和久は楽天が獲得

2019年11月27日

11/27、サンケイスポーツ2面より

2010西武ドラフト2位 牧田和久
日本通運・投手

楽天は26日、今季米大リーグ、パドレス傘下のマイナーでプレーした牧田和久投手(2010西武2位)と入団で基本合意したと発表した。西武でプレーした2017年以来の日本球界復帰となる。獲得を目指していた阪神・谷本修球団副社長兼本部長は「残念」と肩を落とし、今後、新外国人投手を含め、緊急補強を探る考えを示した。

牧田争奪戦が決着した。軍配が上がったのは楽天・・・。虎は敗れた。「これまでの日米での経験から投手陣の底上げを期待してオファーした。非常に心強いです。この東北の地でお待ちしております」。杜の都から、石井GMがコメントを発表した。

国内フリーエージェント(FA)でロッテから獲得した鈴木に続いての勝利。今季3位で、クライマックスシリーズ(CS)にも初進出。次々と舞い込む吉報に喜んだ。

牧田は今季、メジャー登板なし。2年契約を満了し、NPB復帰を視野に入れ、新天地を探していた。そこに興味を示したのが西武時代に同僚だった石井GM。もちろん、楽天だけではなく、阪神・矢野監督も「絶対に必要な選手」と獲得に乗り出していた。

西武時代は先発、中継ぎ、抑えとユーティリティーに通算276試合に登板。53勝49敗25セーブをマークした。米球界では思うような結果を残せなかったが、その経験こそが最大の魅力だった。

肩を落としたのは、この日、牧田から断りを入れられた阪神・谷本球団副社長兼本部長だった。「残念ですが、ベストを尽くしたのでしようがない。また誰か出てきてくれることを期待している」。現有戦力の奮起を促しつつ、新外国人投手へのシフトチェンジも「そうですね。調査は続ける」とうなずいた。まもなく、師走に入る。牧田をめぐり、はっきりと明暗が分かれた。



下は2010ドラフトで西武が指名した選手です。牧田和久は2位指名入団。プロでの成績はこちら

西武の2010ドラフト指名選手
1位大石 達也早稲田大投手
2位牧田 和久日本通運投手
3位秋山 翔吾八戸大外野手
4位前川 恭兵阪南大高投手
5位林崎 遼東洋大内野手
6位熊代 聖人王子製紙外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 08:41│ │阪神 | 楽天
ドラフトニュース検索