ドラフト会議情報局 2019高校生ドラフト候補 2019大学生ドラフト候補 2019社会人ドラフト候補
2019ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

日ハム、西川流出に備えたドラフト戦略

2019年11月29日

11/29、日刊ゲンダイ28面より

2010日本ハムドラフト2位 西川遥輝
智弁和歌山高・外野手

「ドラフトと育成」は日本ハムのチームづくりの基本方針。素質ある選手に経験を積ませて“促成栽培”、トウのたった選手は放出してポジションに穴をあけ、そこでまた若手を育てる・・・。そうやって活発に新陳代謝を繰り返すことでチームを活性化、今年までの15年間でリーグ優勝5回、Aクラス10回と一定の強さを維持してきた。

27日、西川遥輝外野手(2010日ハム2位)が2年契約の2年目を現状維持の年俸2億円で更改、早ければ来オフにポスティングによるメジャー挑戦を球団に要望していることを明らかにした。「(来オフのポスティングを認めるかどうかは)決まっていない」とは吉村GMだが、「日ハムはすでに西川流出に備えています」とOBのひとりがこう続ける。

「西川の最大の武器は過去3回、盗塁王を獲得した足です。その西川は来オフ、国内FAを取得する上、最近のドラフトは長打力優先で野手を獲得しているせいか、走れる若手が極端に少なくなった。西川が退団したら機動力は、それこそ目も当てられない。今年のドラフトの下位と育成で肩と足は抜群の野手を獲得したのは、そんな事情があると聞いています」

もっとも、西川は人一倍、練習熱心だし、野球に取り組む姿勢にも定評がある。だからこそ来季、主将を務めることになったのだろうが、その穴をドラフト下位や育成選手で埋められるかは未知数と言わざるを得ない。



日本ハムの歴代ドラフト指名選手はこちら

下は2010ドラフトで日本ハムが指名した選手です。2位指名・西川遥輝のスカウト評はこちら

日本ハムの2010ドラフト指名選手
1位斎藤 佑樹早稲田大投手
2位西川 遥輝智弁和歌山高外野手
3位乾 真大東洋大投手
4位榎下 陽大九州産業大投手
5位谷口 雄也愛工大名電高外野手
6位齊藤 勝セガサミー投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01│ │日本ハム 
ドラフトニュース検索