ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

村中恭兵(ヤクルト戦力外)、豪州リーグで再出発

2019年12月07日

12/7、サンケイスポーツ終面より

2005ヤクルト高校ドラフト1巡目 村中恭兵
東海大甲府高・投手

今季限りでヤクルトを退団した村中恭兵投手(2005ヤクルト1巡目)オーストラリアのウインターリーグに参加することが決まった。オーストラリアン・ベースボールリーグ(ABL)でニュージーランドに本拠地を置くオークランド・トゥアタラに所属し、現役を続行する。

「自分自身に挑戦したい気持ちが強かった。どんな野球が待っているのか楽しみ。野球ができる喜びが一番大きいです」。海外生活の不安よりも、プレーできる喜びの方が大きかった。村中は東海大甲府高から05年高校生ドラフト1位でヤクルトに入団し、10年、12年には2桁勝利をマークするなど通算46勝を挙げた。

今季は1軍で登板機会なしに終わり、球団からは引退セレモニーの打診を受けたが、現役続行を希望。今月12日に行われた12球団合同トライアウトにも参加し、無安打に抑えていた。

ABLは11月下旬から1月下旬までリーグ戦が行われ、DeNA・大貫らが参加中だ。チームが本拠地を置くニュージーランドは元ロッテ・清水直行氏(現琉球ブルーオーシャンズ監督)が野球連盟のGM補佐を務めるなど日本人とも縁が深く、左腕を探していたことからオファーを受けていた。

関係者によると、豪州ウインターリーグはトライアウト的な側面があり、活躍すれば他国リーグのスカウトの目に留まる可能性もある。

村中は12月4日に出発し、チームに合流予定。すぐにでも登板する準備を進めている。「自分自身に挑戦したい」。かつて、ヤクルトの先発ローテーションを支えた大型左腕が力を込めた「挑戦」の二文字。スカウト陣の前で好投し、国内外問わずに現役続行の道を探る。



下は2005高校ドラフトでヤクルトが指名した選手です。村中恭兵は1巡目指名入団。プロでの成績はこちら

ヤクルトの2005高校ドラフト指名選手
1巡目村中 恭兵東海大甲府高投手
2巡目指名権なし
3巡目川端 慎吾市和歌山商高内野手
4巡目水野 祐希東邦高捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00│
ドラフトニュース検索