ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

ドラフトで巨人に真っ向勝負を挑んだ阪神

2019年12月13日

12/13、日刊ゲンダイ27面「阪神が巨人に勝てない内幕」より

1978阪神ドラフト1位 江川卓
作新学院職員・投手

1978年11月。翌日のドラフト会議を控え、岡崎義人はスカウトらとともに上京し、戦略を確認し合った。岡崎は当時の阪神球団代表で、指名相手の近況を聞いたあと、すぐ大阪に残る球団社長の小津正次郎に電話を入れた。小津は阪神電鉄専務で、この年から球団社長を兼務。「ブルドーザー」の異名をとったヤリ手だ。

「ほんまに江川(卓)でええんですか? 本当に・・・」。電話の向こう側から小津の甲高い声が返ってくる。「ええ言うたらええ。なにを言いたいんや? この期に及んで」

ドラフト会議の当日の朝も、岡崎は小津に確認の電話を入れる。「よろしいんでっか。やはり江川で? 巨人と戦争になりまっせ。ほんまに」

また甲高い声が返ってくる。「変えたら許さん。巨人がなんぼのもんや。いつまでもペコペコできんわい。江川をとる。そのクジを引け」。ドラフト会場で岡崎は本当に江川のクジを引き当て、その場で「あわわわ。えらいこっちゃ。ほんまに江川を当ててもうたがな」と慌てふためいた。

この「阪神江川」の解決は翌年1月までもつれ込んだ。結局はコミッショナー権限で、阪神江川卓と巨人小林繁の1対1交換トレードが成立したのは野球通でなくても知らぬ者はいなかったろう。それほどの騒動になったが、あそこまで江川にこだわった小津はなぜ、最終的に巨人の軍門に下ったのか。

やはり・・・小津の上司・田中隆造(当時の本社社長、タイガースオーナー)から「巨人には逆らわない方がええ。小津君、折れてやれ」。この一言だった。小津は呆然としたが、結果はともあれ、巨人と正面衝突した阪神の役員は小津が初めてである。

もう一人、巨人、というより読売新聞のドン渡辺恒雄に逆らったのが野村克也、星野仙一時代の球団社長・野崎勝義だった。 (つづく)



下は1978ドラフト会議で阪神が指名した選手です。プロ入り後の成績はこちら

阪神の1978ドラフト指名選手
1位江川 卓作新学院職員投手
2位枝川 正典長門高投手
3位渡辺 長助九州産交捕手
4位青木 重市山形相互銀行投手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 10:14│ │巨人 | 阪神
ドラフトニュース検索