ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

寺田光輝(DeNA戦力外)、医師めざし大学医学部受験

2019年12月19日

12/19、デイリースポーツ8面「第2の人生へプレーボール」より

2017DeNAドラフト6位 寺田光輝
石川ミリオンスターズ・投手

数多くの選手が今季限りでユニホームを脱いだ。第2の人生のスタートに向け、次の進路が決定した選手もいれば、未定という選手もいる。DeNA・寺田光輝投手(2017ドラフト6位)は、医者を目指すという異例の決断をした。

苦しみ抜いたプロ2年間。その分、得られたものもあった。「苦しくて、どうしたらいいか分からない中でも、何かつかめるんじゃないかと、もがき続けることの大事さを学べたような気がします」。ボールをペンに持ち替え、寺田は医者を志すことを決めた。

異例の挑戦は恩返ししたいとの思いからだ。「親が病院を開いていて、親族にも開業医が多い。その中で誰も医者になれと言わずに野球をやらしてもらった。親孝行じゃないですけど、自分にできる恩返しという気持ちで」。地元・三重県の塾で働きながらサポートを受け、まずは21年のセンター試験で大学医学部合格を目指す

伊勢高校を卒業後、国立の三重大に進学したものの、より高いレベルで野球をするために退学し、筑波大体育専門学群に合格。知り合いではないが、東京五輪後に引退し、医者を目指すことを公言しているラグビー日本代表の福岡堅樹は筑波大の同期だ。

文武両道の秀才ではあるものの、理系の勉強とはあまり縁がなかった。予備校などには通わず、独学でいばらの道を行く。それでも、プロ野球生活で培ったものを生かして未来を切り開いていく。

心に残っている言葉がある。1年目の春季キャンプ。かわいがってくれた先輩の梶谷から「野球選手の前に、お前も俺もただの人だからね。野球がうまいから偉いわけではない。どんなに結果が出ても間違えるなよ」と助言をもらった。誰からも信頼される医者に・・・。不断の努力で新たな夢を実現させる。



下は2017ドラフトでDeNAが指名した選手です。寺田光輝は6位指名入団。プロでの成績はこちら

DeNAの2017ドラフト指名選手
1位 東 克樹 立命館大 投手
2位神里 和毅日本生命外野手
3位阪口 皓亮北海高投手
4位斎藤 俊介JX-ENEOS投手
5位桜井 周斗日大三高投手
6位寺田 光輝BCリーグ石川投手
7位宮本 秀明パナソニック内野手
8位楠本 泰史東北福祉大内野手
9位山本 祐大BCリーグ滋賀捕手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00│ │横浜DeNA | 戦力外通告
ドラフトニュース検索