ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

オリックス、大阪桐蔭の主軸3人を評価

2020年01月06日

1/6、サンケイスポーツ4面より
今春の選抜高校野球の出場が確実となっている大阪桐蔭が5日、大東市の同校グラウンドで練習始め。3番・西野力矢三塁手(動画)4番・仲三河優太外野手(動画)5番・船曳烈士外野手(動画)のプロ注目の強力クリーンアップを中心に優勝を目指す。

大東市の野崎観音で新年恒例の必勝祈願のあと、大阪桐蔭ナインは気持ちを新たに始動した。一昨年の春夏連覇から一転、昨年は8年ぶりに春夏とも甲子園を逃した。チームの目標は一つ。西谷浩一監督が「今年1年、その思いをぶつけたい」と気合を入れると、高校通算24本塁打の西野は選手たちを代表し「春の日本一を達成したい」と力を込めた。

西野、高校通算9発の仲三河、同22発の船曳が組む中軸にはプロ球団も注目している。この日、早速、オリックスの谷口、下山両スカウトが視察。谷口スカウトは2年生トリオについて「スイングが強いし、楽しみな選手」と目を細めた。

3人は打撃の幅を広げるために、逆方向を意識する練習をしている。甲子園に向けて西野が「ホームランが打てればいいな」と意気込めば仲三河も「個人的にはホームラン」と負けない。船曳も「自分の打撃をしっかり出したい」と力を込めた。



西野君のスカウト評はこちら

仲三河君のスカウト評はこちら



draftkaigi at 07:07│ │オリックス 
ドラフトニュース検索