ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

あのドラフト選手は今、八木亮祐(ドラフト2位)

2020年01月16日

1/15、中日スポーツ8面より

2008ヤクルトドラフト2位 八木亮祐
享栄高・投手

元プロの貫禄を見せつけた。八木(2008ヤクルト2位)が菊水化学工業に三塁を踏ませず、7イニングを1安打完封。7回は1死から3、4番を連続三振に仕留めて締めくくった。

今大会初登板ながら切れの良い速球とスライダーなどがさえ「この時期に(試合で)投げたのは初めて。手探りの部分があって1回は四球もあったのですが、回を追うごとに良くなった」と胸をなで下ろした。

愛知県津島市出身。中学硬式野球の愛知西シニア時代から快速左腕として知られ、享栄高では甲子園出場は逃したものの2009年にドラフト2位でヤクルト入り。16年途中にオリックスへ移り、17年限りで引退した。実働5年間の通算成績は11勝22敗、防御率4.25だった。

その後は会社勤めをしながら草野球で外野手をしていたが、小林クリエイトから誘いを受け昨年2月に入社した。「野球が好きでした。ありがたいことです」。2年間のブランクに加え、軟球の投球では「ボールが軽く浮いたり、引っかけてしまうこともあった」と戸惑いもあったが、半年で慣れた。

新天地で初勝利。「まだ自信はないです。でも、このチームはいい投手が多いのでみんなでプレーするのが楽しみ」とチームメートの祝福に笑顔で応えた。

(1月14日 愛知県軟式野球 小林クリエイト 7-0 菊水化学工業)



下は2008ドラフトでヤクルトが指名した選手です。八木亮祐は2位指名入団。プロ入り後の成績はこちら

ヤクルトの2008ドラフト指名選手
1位 赤川 克紀 宮崎商高 投手
2位 八木 亮祐 享栄高 投手
3位 中村 悠平 福井商高 捕手
4位 日高 亮 日本文理大付高 投手
5位 新田 玄気 パナソニック 捕手
プロ入り後の成績


ドラフトニュース検索