ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

現役ドラフト、7月20日前後実施へ合意目指す

2020年01月23日

1/23、サンケイスポーツ4面より
日本プロ野球選手会が出場機会に恵まれない選手の移籍を活性化させるため、日本野球機構(NPB)に早期導入を求めているブレークスルードラフト(現役ドラフト)の方式の有力案が22日、分かった。実施時期は7月20日前後で、各球団が指名対象となる選手を8人ずつ出し合う見込み

両者は今季からの実施を目指す方向性で一致しており、細部を詰めた上で、開幕前の合意を目指す。

画期的なブレークスルードラフト(現役ドラフト)の実現に向け、また一歩前進した。NPBは選手会との事務折衝で、前日21日の実行委員会で取りまとめた案を提示。選手会との窓口になる選手関係委員会の谷本修委員長(阪神球団副社長兼球団本部長)は12球団の方針が大筋でまとまったことを認めた。「(事務折衝の)回を重ねるにつれて、互いの理解が深まっていると思う」。

球界関係者の話を総合すると、主なNPB案は3つある。

(1)実施時期は7月20日前後 今季のプロ野球は東京五輪の開催に伴い、7月19日から8月13日まで中断する。7月19、20日はオールスター戦を実施する。

(2)指名対象として各球団8人(支配下選手のみ)の名簿を提出 実施までにトレードを行った球団は、他球団へ移籍した人数を8人から差し引くが、3人以上のトレードが成立した場合でも最少人数は6人。

(3)現役ドラフトでは各球団、最低1人を指名する 現役ドラフトは新人選択会議と異なり、対象となる選手のことを配慮して非公開で行われるもようだ。

一方、選手会の森忠仁事務局長は「真摯に受け止めていただいて、何とか今年中にという方向で議論をしていただいている。細部の問題はあっても、今年中に実現させたい」と手応えを口にした。2月のキャンプ中に各球団を回り、NPB案に対する選手の意見を集約する。

選手会側の合意が得られれば、3月9日の実行委員会で今季導入が決まる可能性がある。


draftkaigi at 07:01│
ドラフトニュース検索