ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2020センバツ、プロ注目の高校生

2020年01月26日

中日スポーツ7面より
投手、野手ともに好素材がそろった。投手で最も注目を集めるのが、明石商の中森(動画)だろう。直球は最速151キロを誇り、切れ、制球も抜群。昨年は春夏ともエースとして甲子園4強入りした。中京大中京の高橋(動画)は、182センチの長身から投げ込む最速148キロの直球が魅力。チームを明治神宮大会優勝に導き、実績も十分ある。

高橋の控えながら、最速147キロを誇る中京大中京の松島と、明治神宮大会で準優勝した高崎健康福祉大高崎の技巧派、下(動画)は注目の左腕。最速148キロの智弁和歌山・小林(動画)、同147キロの大分商・川瀬(動画)も能力が高い。

1年生投手では仙台育英・笹倉(動画)県岐阜商・野崎の両左腕にブレークの期待が懸かる。天理・達は192センチの長身右腕だ。

野手では、高校通算56本塁打の東海大相模・西川(動画)、同47本塁打の花咲徳栄・井上(動画)が注目の大砲。明石商・来田(動画)は高校通算29発の長打力と50メートル5秒9の俊足を備える。昨夏の甲子園優勝を中軸として経験した履正社・小深田、通算34発の県岐阜商・佐々木も楽しみ。

昨夏準優勝の星稜・内山(動画)は昨秋の打率が5割を超え、通算本塁打も30本。智弁学園の1年生4番・前川は、早くも通算21本塁打を記録している。




draftkaigi at 07:01│ │甲子園大会展望 
ドラフトニュース検索