ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2位指名で前代未聞の大事件が起きた1997ドラフト

2020年01月30日

1/30、夕刊フジ27面「元ヤクルトチーフスカウト島原公二のトリ物帖」より

1997ヤクルトドラフト2位 五十嵐亮太
敬愛学園高・投手

1997年の2位は仙台育英高の新沼慎二捕手を指名。横浜(現DeNA)、日本ハムとの3球団競合となりましたが、前代未聞の事件が起こります。

クジ引きの順番は、その年のリーグ戦で上位だったヤクルトから始まるはずでした。ところが、コミッショナー事務局の担当者の手違いで、下位の日本ハムから引かせてしまい、2番目の横浜が当たりを引いたのです。

当然、ヤクルトは異議を申し立てたのですが、クジを外した野村克也監督はなぜか何も言わず、強硬に主張すればやり直しもきいたはずですが、新沼はそのまま横浜が交渉権を獲得しました。

すると、野村監督の潔さが吉と出ます。外れ2位で指名したのが敬愛学園高の五十嵐亮太投手。神様がすごいプレゼントをくれました。

五十嵐は高校の時から馬力がありました。1年目の西都2軍キャンプでは、ドラフト1位の三上真司投手に「絶対負けない」とライバル心むき出し。それだけ気持ちが強かったのでしょう。剛腕リリーフに成長し、メジャーも経験して昨季ヤクルトに復帰。日米通算900試合登板を達成しました。



下は1997ドラフトでヤクルトが指名した選手です。五十嵐亮太は2位指名入団。プロでの成績はこちら

ヤクルトの1997ドラフト指名選手
1位三上 真司敦賀気比高投手
2位五十嵐 亮太敬愛学園高投手
3位大脇 浩二北照高内野手
4位大山 貴広大洲高内野手
5位高橋 郁雄元一光外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 12:37│ │ヤクルト 
ドラフトニュース検索