ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

早稲田大、スポーツ推薦合格者4人が練習初参加

2020年02月06日

サンスポwebsiteより (source)
東京六大学野球の早大安部球場で5日行われた練習に、スポーツ推薦試験で合格した4人が初参加した。4人とも甲子園で名を轟かせてきており、投手では、昨夏甲子園優勝の履正社のエース左腕・清水大成投手(動画)、昨春選抜大会準優勝で高校日本代表の習志野・飯塚脩人投手(動画)

野手では、同優勝で、高校日本代表の遊撃手として活躍した東邦・熊田任洋内野手(動画)、それに3季連続で甲子園に出場し、山梨のデスパイネの異名をとった山梨学院・野村健太外野手(動画)は春から注目される。

最速145キロの清水は、「ずっと平常心を心がけてきた。大学でも日本一が目標で、最後のマウンドに立っていたい」と意欲を示した。

最速151キロ右腕の飯塚は、「小宮山監督は、(メジャーで)世界を見てきて場数も踏まれている方。その監督のもとで、リーグ戦でも、言葉に書いていないけど必勝でいきたい。4年後に(高校)日本代表で一緒だった奥川(ヤクルト)や佐々木(ロッテ)に追いつけるようにやっていきたい」と目を輝かせた。

熊田は、「早稲田といえば熊田といわれるような魅了する選手になりたいし、首位打者をとりたい」といい、高校通算53本塁打の野村は「ホームランと打点にはこだわりたい。(通算23本=慶大・高橋由伸の)記録を塗り替えたい」と大きな目標を掲げた。

就任2年目の小宮山監督は、「4人には、甲子園の姿をそのまま出してもらえればと考えている。スポーツ推薦で来た、という自覚でやっていってくれるだろう」と2015年秋以来、46度目のリーグ優勝へ向け、新戦力への期待を示した。


大学野球のスポーツ推薦合格者まとめはこちら


draftkaigi at 07:00│ │大学 
ドラフトニュース検索