ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

中日ドラ1・石川昂弥、12球団新人最速の初安打

2020年02月08日

2/8、サンケイスポーツ4面より

石川 昂弥 (東邦高・三塁手兼投手)
185cm・右投右打・動画

中日のドラフト1位・石川昂弥内野手(動画)が7日、2軍の今キャンプ初の練習試合となる沖縄電力戦に「3番・三塁」で出場し、12球団のルーキーでは最速となる対外試合デビューを飾った。2打数1安打1打点と結果も残し「長打を打てたのでよかった」と胸を張った。

降りしきる雨を切り裂いて、白球は右翼線で弾んだ。石川昂にとっては持ち前の長打力を示す、納得の結果だ。「打席では、結果よりも内容を重視しようと思っていた。長打が打てたのでよかった」

12球団のルーキーで最速の対外試合デビュー。プロ初打席は先発右腕のスライダーに手が出ず見逃し三振だったが、2-0と先制した三回1死三塁の第2打席だ。前打席で仕留められた球種を狙いすまし、右越えの適時二塁打。見事な読みで、対応力も見せつけた。

「(第1打席で)三振をして、すごいため息が聞こえたので、次は絶対に打とう、2打席連続で打ち取られるわけにはいかないと思った」

悪天候の中、詰めかけた約500人の竜党から期待をひしひしと感じた。それをカンフル剤とするあたり、プロの自覚は早くも芽生えている。「早くホームランを打ちたい」。ファンが見たいものも理解して、石川昂自身も実戦初の柵越えを望む。甘い球をひと振りで仕留めることを、今後の練習のテーマに据えた。



石川君のスカウト評はこちら

石川君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 13:00│ │中日 
ドラフトニュース検索