ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

ソフトBドラ1・佐藤直樹、快足見せつけた!

2020年03月01日

3/1、西日本スポーツ3面より

2019ソフトバンクドラフト1位 佐藤直樹
JR西日本・外野手・動画

ドラ1ルーキー佐藤(動画)がオープン戦デビューでアピールに成功した。

8回2死一塁。阪神岩田のツーシームを捉えた打球が右中間を抜けた瞬間、狙いを三塁に定めた。相手に返球を諦めさせるほどの一気の加速で悠々と三塁ベースにスライディング。初打席で適時三塁打を放ってみせ、三塁ベースコーチを務める村松外野守備走塁コーチとグータッチを交わした。

「外野の間を抜けたら二塁で止まらず、三塁まで行くのが自分の持ち味。セーフになる自信はあったし、気持ちよかった」。

到達タイムは球界トップレベルの10秒9台。俊足の周東でも2月19日の巨人との2軍練習試合で放った三塁打のタイムは10秒98だった。工藤監督も「いい足でしたね。足のある選手は(打球が)抜ければ三塁まで行ってほしいという気持ちがある」と笑みを浮かべた。

宮崎春季キャンプでは中盤に右太もも裏の張りに見舞われると終盤は右肘違和感に悩まされ、実戦出場の機会に恵まれなかった。「モヤモヤした思いはあった」と佐藤。自身へのはがゆさを振り切る一打にもなった。

2月13日にあった今春初のA組紅白戦でも左前打を放つなど、実戦での強さは際立っている。指揮官も「最初から結果を出せるというのは実戦タイプなのかなという印象は持ちますね」とうなずく。

本拠地デビュー戦が無観客試合となり、本来なら大歓声を浴びるチャンスは逃した。「大勢のお客さんの前でやってみたかったのでその面では寂しかったが、健康面を考えると仕方ない」。

新人野手では2006年の松田宣以来となる開幕1軍入りへ一歩前進した。「キャンプが始まってからここまであっという間だったし、ここから開幕までもあっという間だと思う。とにかく1軍に食らいついていくしかない」。アピールタイムは始まったばかりだ。

(2月29日 オープン戦 阪神 5-4 ソフトバンク)



下は2019ドラフトでソフトバンクが指名した選手です。1位指名・佐藤直樹のスカウト評はこちら

ソフトバンクの2019ドラフト指名選手
1位佐藤 直樹 JR西日本外野手
2位海野 隆司 東海大捕手
3位津森 宥紀 東北福祉大投手
4位小林 珠維東海大札幌高内野手
5位柳町 達慶応大外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00│ │ソフトバンク 
ドラフトニュース検索