ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

選抜高校野球、大阪桐蔭と天理が練習試合中止に

2020年03月01日

3/4、スポーツ報知4面より
第92回センバツ高校野球大会(19日から13日間)に出場する大阪桐蔭天理は、8日解禁の練習試合が学校からの要請で禁止になったことが29日、分かった。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために政府が打ち出した休校要請を受けてのもの。

すでに山梨学院なども全試合中止を決めているが、優勝候補に挙がる近畿の強豪2校もぶっつけ本番を余儀なくされる。

大会開催の可否が決定する4日のセンバツ運営委員会を前に、大阪桐蔭が3季ぶりの甲子園に向けての措置を決めた。西野力矢内野手、仲三河優太外野手、藤江星河投手、伊東光亮内野手らプロ注目選手がそろうV候補はこの日、2~26日の休校が決定。練習は継続するが、10試合程度予定していた対外試合が禁止になった。

昨秋の近畿大会を制した天理も4~15日は休校。その間の練習は自粛し、対外試合が禁止となった。

また、史上5校目の夏春連覇を目指す履正社は、練習を短時間で切り上げることに決めた。現時点で練習試合は禁止されていないが、相手校の中止により、当初予定していた約10試合から数試合に減った。

智弁学園智弁和歌山は、それぞれ2~20日、2~22日の休校が決定。ともに練習を続けるが、智弁学園は8~13日の練習試合が中止に。智弁和歌山は相手校の事情で練習試合が全て中止になった。



2020センバツ出場校、スポーツ紙の評価はこちら



draftkaigi at 08:20│ │高校 
ドラフトニュース検索