ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

藤浪(阪神)、ドラ1候補・佐藤輝明(近大)と対戦へ

2020年03月03日

3/3、サンケイスポーツ3面より

佐藤 輝明 (近畿大・三塁手)
186cm・右投左打・動画

気温17度。青空が広がり、春の陽気漂う甲子園で阪神・藤浪(2012阪神1位)は笑顔で体を動かした。ブルペンでの投球練習を終えた直後に取材に応じると、少し息を弾ませながら、1軍生き残りへ強い覚悟を語った。

「やっぱり結果を出さないといけない立場なので、それはもちろん意識して。そのうえで内容を求めていきたいですし、ごまかして結果を出しても仕方がないので、しっかり自分の投球をして結果を残せるように」

3月に入り、アピールの機会は限られてきている。藤浪が登板する近大戦と同じ時間帯には、1軍は甲子園で広島戦。そちらで登板機会を与えられなかった悔しさもあるが、そんなことを言っていられないのが現状だ。

ちなみに相手が大学生だからと侮ってはいけない。近大には今秋のドラフト会議で1位指名必至の強打者・佐藤輝明内野手(動画)がいる。大学日本代表にも選ばれたスラッガーは「糸井2世」との呼び声が高く、阪神などのスカウト陣も熱視線を注ぐ好素材。抑えれば弾みもつく。

前回2月23日の広島戦では2回3失点。3四死球を「大いに反省」と話していた。振り返れば、1年前の3月12日の中日戦では4回1失点も4四死球の大乱調で、無期限2軍調整が決定。また同じ轍を踏むわけにはいかない。

矢野監督が「勝負のところにいる投手陣は、ここから1回1回の結果でしか評価できない」と話すように、これからはより結果が求められる。近大戦のあと、開幕までは投げて1、2度。中6日なら11日は1軍のヤクルト戦に行くか、2軍のソフトバンク戦へ行くかの分水嶺にもなる。

「そういうところ(開幕1軍)を意識したいですし、開幕ローテーションに入るつもりでやってきたので、結果を出して、入れるように」。昨年は2軍調整からなかなか抜け出せず、1軍初登板は8月1日の中日戦。もう二の舞はゴメン。すべてをかけて、マウンドに上がる。



佐藤君(近畿大)のスカウト評は
こちら

佐藤君(近畿大)のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:01│ │阪神 
ドラフトニュース検索