ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

忘れ去られたドラ1・高橋大樹(広島)、開花の兆し

2020年03月03日

3/3、日刊ゲンダイ27面より 

2012広島ドラフト1位 高橋大樹
龍谷大平安高・外野手

広島のドラフト1位右腕、森下暢仁(明大)が先発ローテーション入りに大きく前進した。開幕カードの相手となる1日の中日戦に登板して3回1安打無失点の好投。140キロ台後半の直球を内外角に制球良く投げ込み、レギュラークラスが名を連ねる中日打線を手玉に取った。MAXは150キロ。

他球団スコアラーも「変化球の精度もいいし、先発ローテーション入りは決定でしょう。最低でも2ケタは勝つんじゃないか」と太鼓判である。佐々木、奥川で沸いた昨秋ドラフトでも、「即戦力なら森下がナンバーワン」と12球団のスカウトが口を揃えた逸材だ。

地元放送局関係者が、「首脳陣の頭の中ではすでにローテの中心にという位置づけ。むしろ、首脳陣の目を引いたのはこちらでしょう」というのが、途中出場した外野手の高橋大樹(2012広島1位)である。五回裏の守備から入って、七回の第1打席で左翼へソロ本塁打。九回にも2打席連続となる2ランを左翼へぶち込んだ。

2012年のドラフト1位で入団。走攻守の三拍子が揃った将来の主軸候補と期待され、ドラフト2位で高卒同期の鈴木誠也以上の評価を受けていた。が、7年間で一軍出場は35試合のみ。崖っぷちに立たされて迎えた8年目の今季、手薄な右の代打候補としてキャンプから好調を維持している。

育成を旗印にする球団からすれば、「忘れられたドラ1」が見せる開花の兆しの方がうれしいに違いない。



下は2012ドラフトで広島が指名した選手です。1位指名・高橋大樹の高校時代のスカウト評はこちら

広島の2012ドラフト指名選手
×森 雄大  
×増田 達至  
1位高橋 大樹龍谷大平安高外野手
2位鈴木 誠也二松学舎大付高外野手
3位上本 崇司明治大内野手
4位下水流 昂ホンダ外野手
5位美間 優槻鳴門渦潮高内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00│ │広島 
ドラフトニュース検索