ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

内間拓馬(亜細亜大)、日ハムが好評価

2020年03月22日

日刊スポーツwebsiteより (source)

内間 拓馬 (亜細亜大・投手)
179cm・右投右打・動画

亜大の最速150キロ右腕・内間拓馬投手(動画)が日体大とのオープン戦に先発した。持ち前の力強い真っすぐを中心に投げ込んだが、フォームが安定せず。8回を投げ、1本塁打を含む5安打3失点。課題の残る内容だった。

初回、先頭打者に左前打を打たれると、いつもと違う感覚に、首をかしげた。続く打者はツーシームとスライダーで遊併殺と左飛に打ち取りピンチを切り抜けたが、内間は「フォームがいつもと違って試合中に何とか修正しようとしたんですが…。調子がよくなかったですね」と反省。

体が外に開いてしまい、体重がうまく下半身に乗らない。この日の最速は147キロだったが、打たれた球はすべて真っすぐ。持ち味を生かせなかった。

2月に行われた鹿児島キャンプでのオープン戦では不調が続いた。失点を重ね「投げるのが怖かった」と振り返る。キャンプ終了後、原点に戻った。トレーニングから上半身と下半身が連動するフォーム作り取り組んだ。感覚を少しつかみつつある中での、先発登板だった。「いい時は、下半身の感覚がしっくりくる。もう1度、見直したい」と前を向いた。

昨年は最速150キロの力強い真っすぐを評価され、大学ジャパンに選ばれるも結果を残せなかった。秋のリーグ戦では1戦目の先発の座を後輩の松本健吾投手に譲る、悔しい1年を送った。

この日、視察した日本ハムの坂本晃一スカウトは「去年は試行錯誤していたが、ひと冬を超えて、安定感が出てきた。今はフォームを固める次のステップまできたかな」と温かく見守った。

「チームメートから信頼されるようになってリーグ戦開幕を迎えたい」と再調整を誓った内間。試合が終わると、1人、外野を黙々と走り始めた。この春、再びエースの座へ返り咲くために。内間の孤独な戦いは続く。

(3月21日 オープン戦 亜細亜大 4-3 日本体育大)



内間君のピッチング動画はこちら


draftkaigi at 07:01│ │日本ハム 
ドラフトニュース検索