ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

巨人、スカウト部長更迭で球団内は戦々恐々

2020年04月04日

4/4、日刊ゲンダイ37面より
巨人がスカウト部をテコ入れした。1日付で水野雄仁巡回投手コーチ、昨季まで二軍監督だった高田誠ファームディレクターらがスカウト陣に加わる。長谷川国利スカウト部長は編成本部付部長に異動となり、当面、スカウト部長を置かない異例の体制となった。

近年は指名した選手が入団直後に故障で長期離脱することが多く、人員増でクロスチェック体制を強化する狙いだとみられるが、スカウト部長の異動はそれだけではないようだ。

ケチのつけ始めは、この2人の指名だった。昨秋のドラフト1位の堀田賢慎は、1月の新人合同自主トレ中に右肘の炎症を発症。いまだに実戦復帰のメドは立っていない。

即戦力として期待された同2位の太田龍は、コンディション不良のため、キャンプはファームスタート。初実戦は3月12日の紅白戦と出遅れていただけに、「部長はドラフトの責任を取らされたように見えますが……」と、ある球団関係者が声を潜めてこう明かす。

「でも、2位の太田は原監督がドラフト当日のテーブルで推したって話です。肩を痛めているのは、スカウト陣は知っていましたから。ただ、今回の人事はそれだけではないと思います。長谷川さんは東海大相模―東海大出身で原監督の直系の後輩ですが、原監督にもしっかり意見を言う人。昨年のドラフトでも、『幅広くたくさん選手を取ろう』との方針だった原監督に対し、長谷川さんが『獲得した選手はしっかり育てたい。厳選して指名します』と突っぱねて支配下選手は6人に絞った。最近、2人は意見が合わないことが多かったのは確か。スカウト部員を守ってくれる部長でもあったので、現場は動揺していると思います」

長谷川前部長はアマチュア球界の人脈が豊富だった。今回の人事はマイナス面も大きい。前出の関係者が続ける。

「野球賭博事件以降、うちのスカウトは風当たりの強さを感じていたようです。それでも強豪校などから『長谷川さんがそう言ってくれるなら』と信頼されていました。スカウトの人数が増えるといっても、コーチや二軍監督だった水野さん、高田さんは経験がない。要するに現場目線ですぐに使える即戦力を探すために投入されたともっぱらです。オープン戦などで、他球団の新人が活躍しているのを見て、原監督は怒っていたそうです。今年の1位は即戦力投手で決まりでしょう」

腕利きで知られた長谷川前部長を更迭するという強権を発動させた原監督。球団内は戦々恐々である。



下は2019ドラフトで巨人が指名した選手です。

巨人の2019ドラフト指名選手
1位堀田 賢慎 青森山田高投手
2位太田 龍JR東日本投手
3位菊田 拡和 常総学院高内野手
4位井上 温大 前橋商高投手
5位山瀬 慎之助 星稜高捕手
6位伊藤 海斗 酒田南高外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:03│ │巨人 
ドラフトニュース検索