ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

関本勇輔(履正社)、阪神スカウトがマーク

2020年04月23日

4/23、デイリースポーツ2面「虎が追う」より

関本 勇輔 (履正社高・捕手)
177cm・右投右打・動画

昨夏の日本一メンバーであり、新チームから主将を務めている履正社・関本(動画)の思いは強い。チームとしての目標に加え、昨年の段階から「すぐにプロというのを目指してやっています」と話してきた。気持ちは固まっている。「高卒でプロに行って、父と同じ土俵に立ちたいです」

尊敬する父は、天理から2位指名で阪神に入団し、活躍した関本賢太郎氏(1996阪神2位)だ。甲子園でタテジマに身を包んで活躍する姿を、幼いころから見て育った。いつかは同じ舞台へ。そんな思いで白球を追い続け、ここまで来た。

昨年末の家族旅行の際にも「一流はオフの期間も練習する、と言われた」という。プロ野球に対する気持ちもより強まった。

捕手を始めたのは中学生からだが、持ち前の強肩を生かした送球が関本の大きな武器だ。二塁への送球タイムは1秒84という速さで「守備では自分の持ち味が肩なので、どれだけ盗塁を刺せるかというところを意識してやっていきたい」とさらに磨きをかける。

また、打撃面では高校通算15本塁打という長打力に加え、勝負強さも兼ね備えている。新チームになってからは4番を任されており「率を残すことも大事ですし、チームにとっていいところで打てるようになりたい」と話す。主将で捕手という立場もあり、強い責任感が成長にもつながっている。

将来性が高く、阪神は昨年の段階からドラフト候補としてリストアップしていることも判明している。畑山統括スカウトは「元々肩は強いし、打撃も良くなっている。特に勝負強いし、キャプテンもしているからね」と評価する。仮に阪神から指名がかかれば、球団史上初の父子鷹の誕生となる。確かなDNAを受け継ぎ、父の背中を追い続ける。



関本君のスカウト評はこちら

関本君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:01│ │阪神 
ドラフトニュース検索