ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

阪神とタニマチの内幕、タニマチに殺された小林繁

2020年04月25日

4/25、日刊ゲンダイ39面「阪神とタニマチの内幕」より

1971巨人ドラフト6位 小林繁
神戸大丸・投手

1979年2月、小林繁(1971巨人6位)が阪神へ入団して初めての安芸キャンプ。右に広大な太平洋、左にタイガータウン。高知市の中心から安芸を結ぶ国道55号は小林繁見たさ、車に乗る万余のファンで来る日も来る日も長い渋滞が続いた。

そんなヒーローの3年目。甲子園球場で試合がある日の夕刻、日焼けした7、8人の男が声を上げた。「小林、カネ払え!」「カネ払え!」「カネ払え!」。プラカードがこれも7、8本。電鉄本社の役員、職員、記者、カメラマンが出入りする8号門前で右に左に動いた。

大阪の北新地。東京の銀座と肩を並べるくらいの繁華の街の一角に小林繁は北海道の海の幸を売り物にする高級割烹を開店し、そのすぐ隣にはクラブも。実態は名義だけを利用されたこの両店の建築費が未払い。下請け、孫請けの連中がプラカードを手に訴えたのだ。

小林繁を取材すると「何を書いてくださってもいいですから」と腹をくくっている。暗にバックにニセ者のタニマチ、反社会の面々がいることをにおわせた。

2年後、小林は逃げるように退団し、建築費の億近い借金を返して細々と生き、57歳で人生の扉を閉じる。「悪いタニマチに殺されたようなものだな」。球団職員が小林を守れなかったことを悔いた。



下は1971ドラフトで巨人が指名した選手です。小林繁は6位指名入団。1979年に阪神へ移籍。プロでの成績はこちら

巨人の1971ドラフト指名選手
1位横山 忠夫立教大投手
2位谷山 高明愛媛相銀投手
3位庄司 智久新宮高内野手
4位尾形 正己山崎高内野手
5位山本 昌樹鳥取西高投手
6位小林 繁神戸大丸投手
7位玉井 信博東洋大投手
8位板東 陽司鴨島商高外野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:01│ │阪神 
ドラフトニュース検索