ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

中日外野手の実兄・伊藤寛士、JR東海へ

2020年04月26日

中日スポーツ5面より

伊藤寛士(法政大・捕手)
173cm・右投右打・動画

大学まで強打の捕手だったJR東海の伊藤は、社会人で内野手に本格転向。バットで勝負する。「捕手に未練はない。自分の持ち味は打撃。そこをしっかりアピールしたい」。春先のオープン戦では、クリーンアップを任されたこともあった。チームの期待は大きい。

高校時代は通算45本塁打。好右腕・上野とバッテリーを組み、夏の甲子園後はU18W杯の日本代表にも選ばれた。法大では1年秋に東京六大学リーグ戦に初出場したものの、2、3年時は出場なし。4年で春に一塁手、秋に本職だった捕手で定位置をつかみ「地元の社会人で野球を続けたい」という願いをかなえた。

2月には鹿児島県指宿市でのキャンプに参加。「バットをしっかり振れた。そこはアピールできたと思う」と振り返った。社会人チームとは大学時代からオープン戦で対戦しているが、「どのチームも細かい野球をしてくる。組織力が高い。大学時代と比べて、考えてプレーすることが多くなった」と改めてレベルの高さを痛感したようだ。

2歳下の弟・康祐は、中日外野手。昨年末に帰省した際は、野球談議に花を咲かせたという。「ステージは違うけど、意識しながらやっている。負けられない」。目標は高校、大学で届かなかった日本一。練習自粛中の現在は、ランニングなどできることをしながら、シーズン開幕に備えている。



JR東海の2020新人選手はこちら


draftkaigi at 07:00│ │社会人 | 中日
ドラフトニュース検索