ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

入江大樹(仙台育英)、ロッテ・ソフトバンク高評価

2020年04月27日

スポーツ報知websiteより (source)

入江大樹(仙台育英高・遊撃手)
185cm・右投右打・動画

ネット裏のスカウト陣の誰もがうなる一発だった。昨秋の神宮大会、近畿王者・天理との2回戦。仙台育英・入江(動画)は左翼席中段に、高校通算12本目となる特大3ランをたたき込んだ。自身も今までで印象に残っていると挙げるこのアーチがきっかけで、プロの評価が急上昇。

入江は理想の打撃像について「自分の形で崩されず、強く振ることが大事。それができれば結果もついてくると思う」と話している。

間近で見ていたロッテ・柳沼スカウトは「東北の高校生の中ではパワーもある大型遊撃手で魅力がある。腕の使い方がうまくて、リストが強い感じがする」と打撃を評価。「素材がいいので、夏にかけて伸び盛りの時のプレーを見たいですね」と今後もマークを続けるとした。

ソフトバンク・作山スカウトは昨秋までの印象について「体が大きいし、スケール感がある。総合的なところで、(プロでも)ショートを守れれば評価は上がる。(高校では)あれだけのサイズがあるけどショートを守れているし、体のバランスも高いと思う。素材として評価は高いし、将来性として大きく見積もれる」と185センチの好素材のさらなる成長に期待を寄せる。

入江は1年秋から三塁、遊撃のレギュラーとして実戦経験を積んできた。昨夏の甲子園では、遊撃手として守備もアピール。着実にプロへの階段を歩んでいる。新型コロナウイルス感染拡大の影響で出場予定だったセンバツは中止。さらに4月からチームは全体練習を自粛中だが、「プロ入り」という夢は見失ってはいない。自己研鑽の日々は続く。



入江君のバッティング動画はこちら


draftkaigi at 07:01│ │ソフトバンク | ロッテ
ドラフトニュース検索