ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

期待の若手、宮城大弥(オリックスドラフト1位)

2020年05月03日

 5/3、スポーツニッポン2面より

2019オリックスドラフト1位 宮城大弥
興南高・投手・動画

オリックス・宮城(動画)は、来たるべき1軍マウンドに備えて牙を研ぐ。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、開幕日も決まらない異常事態で迎えたルーキーイヤー。公式戦登板はないまま自主練習期間となったが、選手寮がある大阪・舞洲の球団施設で新球習得に着手するなど意気込みは、十分に伝わってくる。  

「フォークの練習をキャッチボールの中で、するようになりました。決め球の落ちるボールとして、使えるようにしていきたい」

プロ仕様の新スタイルを求める。興南時代は最速149キロの直球にスライダー、カーブ、チェンジアップが持ち球。実は今年1月の新人合同自主トレの時点で、フォークの他にカットボールやツーシームなど打者の手元で変化する新球種の獲得に興味を示していた。理由を尋ねると興味深い答えが返ってきた。

「アウトが全部三振では体力が持たないので」。プロの強打者たちと対峙する前から、既に空振りを奪うイメージはできていた。18歳の思考は完投や完封、さらに、その先を見据えていたのだ。

大器の予感はマウンドでも漂った。プロ初登板だった3月20日の大商大との練習試合。自己最速を1キロ更新する150キロをマークするなど、1回を3者連続三振に斬る完璧デビューだった。

2月の春季キャンプでは長期的な育成方針のもとブルペンで球数を制限されただけでなく、走り込みを徹底。ロッテ・佐々木朗ら同世代の好敵手が注目される中、独自調整を貫いてきた。

沖縄出身の天然キャラ。報道陣に「プロ野球って1年180試合くらいですか?」と逆取材してきたこともある。マイペースな内面も大物の片りんか。ウエスタン・リーグを含め開始時期は不透明だが焦りはない。「まずは試合で投げることを目標に頑張っていきたい」。将来の左腕エースへ着実に段階を踏んでいく。



下は2019ドラフトでオリックスが指名した選手です。1位指名・宮城大弥のスカウト評はこちら

オリックスの2019ドラフト指名選手
1位宮城 大弥 興南高投手
2位紅林 弘太郎 駿河総合高内野手
3位村西 良太近畿大投手
4位前 佑囲斗 津田学園高投手
5位勝俣 翔貴 国際武道大内野手
プロ入り後の成績


draftkaigi at 07:00│ │オリックス 
ドラフトニュース検索