ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

2020ドラフト、阪神のドラフト事情

2020年05月11日

週刊ベースボール5月18日号「12球団ドラフト事情」より
1月に約150人の指名候補をリストアップ。“糸井嘉男2世”と注目される近大・佐藤輝明(動画)などが1位指名候補に挙がる。今季は将来性を見込み甲子園出場組5人の高卒選手を獲得。今秋は、チームの状況を見ながら方向性を見定めていく段階だ。

しかし新型コロナウイルス患者を出したこともあり、3月26日からすべての活動が完全にストップし、緊急事態宣言の実施期間の5月6日までの活動中止の状況が続いている。

公に活動開始となったときには、佐藤のほかにも地元兵庫の明石商・中森俊介(動画)中京大中京・高橋宏斗(動画)などの本格派右腕や、強肩捕手で元阪神の関本賢太郎氏の息子である履正社高の関本勇輔(動画)などを中心に見ていくことになりそうだ。



今週の週刊ベースボールはドラフト特集号です。

2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら



draftkaigi at 06:53│ │阪神 
ドラフトニュース検索