ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

内山壮真(星稜)、阪神スカウト高評価

2020年05月15日

5/15、デイリースポーツ4面「虎が追う」より

内山壮真(星稜高・捕手)
172cm・右投右打・動画

昨夏の甲子園で準優勝し、奥川と山瀬がプロ入りした星稜には、また新たな野球界のスター候補生が控えている。偉大な先輩の思いや伝統を受け継ぐのが、4番を打ち、主将で捕手でもある内山壮真(動画)だ。

「(昨年は)山瀬さんには一人でチームをまとめて引っ張ってもらっていました。(新チームになってから山瀬に)リーダーがしっかり引っ張らないとチームがついてこないぞ、と。苦しい時期でも逃げずに頑張れと言われました」

1年春からベンチ入りし、遊撃のレギュラーをつかみスーパー1年生とも称された。昨年の甲子園でも4番で出場。新チームになり、主将を任されただけでなく捕手にコンバートされた。中学3年時に捕手でプレーしていたため「好きなのはショートですが、おもしろいのはキャッチャー」と違和感はなく、山瀬からの助言も胸に成長を続けている。

星稜・林監督は「野球のセンスは状況判断だと思いますが、そこが素晴らしい。山瀬もそうかもしれないですが、星稜の歴史を見ても10年に一人の選手(捕手)」と称える。身長172センチと決して大きくはないが、昨夏の甲子園で2打席連続本塁打も記録するなど、高校通算30本塁打と長打力も兼ね備える。

神宮でプレーした昨秋の明治神宮大会の段階で、阪神・筒井スカウトは「心と体の芯の強さが魅力。小柄ですけど大きな力に加えて器用さも魅力の選手で、プレーを見ているとぶれない精神面も感じます。捕手として評価していますが、野手としても非常に楽しみなところが多い選手です」と高く評価。この年代ではトップクラスの潜在能力の持ち主だ。

「奥川さんも野球への思いとかが本当にすごかった方なので」。一足先にプロの世界に飛び込んだ二人の背中を追うように、自身を磨きぬいていく。



内山君の動画はこちら


draftkaigi at 06:51│ │阪神 
ドラフトニュース検索