ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

高校生ドラフト有力選手、大学・社会人へ方向転換か

2020年05月16日

5/16、スポーツ報知3面より
夏の甲子園が中止になることで、進路選択を控える3年生部員やプロが注目するような有力選手には、どのような影響があるだろうか。元高校教員という異色の経歴を持つ日本ハム・大渕隆スカウト部長らプロのスカウトと、大学、社会人の現役監督にも現状や今後の展望について聞いた。

甲子園大会がなくなり、プロ、大学、社会人で野球を継続することを希望する選手にとって、代替大会が唯一のアピールの場となりそうだ。ただし無観客での開催が前提とされており、プロのスカウトが客席に入れるかは不透明な状況だ。

5年間の高校教員経験がある日本ハム・大渕スカウト部長は、代替大会の開催自体を危ぶんでいる。「各校とも休校の影響で夏休みを短縮する方向です。そんな中、各自治体の教育委員会や各校の校長先生の理解が得られるんでしょうか。公共施設である公営球場を貸してもらえるかどうかも分かりません」と警鐘を鳴らす。

その上で、開催が実現した場合については「我々NPBのスカウトとしては、視察希望の申し入れをすることになると思いますが、選手の安全が優先されることを考えると、認めていただけるかどうかは分からないですよね」と心配した。

スカウトの視察の有無は、有力高校生の進路決定に大きな影響を及ぼす。ただ、その理屈でNPBスカウトの入場を認めると、大学や社会人の関係者も認めないといけなくなる。また、野球で自らの進路を切り開く可能性を持っている選手は、3年生部員全体から見たらごくわずかだという現実もある。

別のスカウトは「球団と話し合ったわけではないが」と前置きした上で「今年は戦力外選手を出しにくいのではないか。そうなると、ドラフトで指名する選手も少なくなる」と指摘。そして「本来は中位から下位で指名されるような選手が、指名漏れや育成指名を恐れて大学や社会人に進んでしまうだろう」と予測する。

実際、大学球界に有力選手が進むケースは増えそうだ。富士大監督時代に西武・山川、外崎らを発掘するなどスカウティングに定評がある法大・青木久典監督は「例年ならプロに進むような有力な高校生が、進学にシフトチェンジしたという話をすでに何人か聞いてます」と証言する。

昨年まで慶大を指揮し、今季からJX―ENEOSに復帰した大久保秀昭監督は「この流れはアマ球界にとって間違いなくプラス。レベルアップ、活性化につながる」と歓迎。一方で「甲子園出場」といった各大学が設ける推薦基準をクリアできていない選手が、一般受験や野球継続の断念を強いられるケースも出てきそうだ。



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 07:02│ │高校 
ドラフトニュース検索