ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

スカウトの逆襲、メジャーのドラフト

2020年05月18日

5/18、日刊ゲンダイ27面「スカウトの逆襲」より
いったん延期されたメジャーのドラフトが元に戻った。7月20日に延期されたと思ったら、当初の予定通り、6月10~11日に行われることに。40巡目まで可能だった指名は5巡目までになる。

それまで一切、禁止されていたスカウト活動は4月4日、部分的に解禁された。現場には足を運べないが、データや映像の収集はもちろん、電話やネットで所属チームの関係者や本人とやりとりをしたり、選手に体に関するデータを要求したりできるようになった。

ドラフトを7月に延期したのは、スカウト活動がやがて全面解禁になることを見越して、現場で選手をチェックするための期間を考慮したからだった。

しかし、コロナ禍は一向に終息する気配がなく、スカウト活動も依然として部分的に認められているだけ。現場で選手をチェックできない条件はどの球団も一緒であれば、さっさとドラフトをやってしまおうということだ。指名を10巡目でなく5巡目までに制限したのは、下位の選手まで細かくチェックできないからでもある。

もちろん、資金の問題も大きい。7月上旬に開幕したとしても無観客だし、各球団は今回のコロナ禍によって財政面で大打撃を受けた。ドラフトにこれまでのようなカネをかける“体力”がないのが実情だ。

さて、台湾ではプロ野球だけでなく、高校生も試合をしている。それでも我々メジャースカウトが現場に足を運べないのはルールだし、破れば重大な罰則がある。台湾に住む知り合いのスカウトは「もし、自分が現場に足を運んだことがバレたらクビが飛ぶ。だから球場には行けない」と話していた。

日本のプロ野球は6月中の開幕を目指すといわれる。だとすればボチボチ、本格的な練習を始めるだろうし、日本にいる情報提供者にこっそり見に行ってもらいたいところだが、今オフ、FAやポスティングで日本人選手を獲得する資金力があるかは不透明。なにより情報提供者を現場に派遣したことがバレたら問題になるし、自分もまだクビにはなりたくない。

それでなくともメジャーの一部球団は職員の給料を削っているし、我々スカウトはこのオフ、間違いなく人員整理の対象になる。ただでさえデータ重視の傾向に拍車がかかり、クビを切られるスカウトは毎年、後を絶たないからだ。

わたしは選手の本当の能力は数字だけで判断できないと思っているものの、球団はどうやらそう考えていない。いよいよ首筋が寒くなってきた・・・。 (メジャーリーグ覆面スカウト)



2020高校生のドラフト候補はこちら

2020大学生のドラフト候補はこちら

2020社会人のドラフト候補はこちら


draftkaigi at 07:00│
ドラフトニュース検索