ドラフト会議情報局 2020高校生ドラフト候補 2020大学生ドラフト候補 2020社会人ドラフト候補
2020ドラフト指名予想 スカウト評価 12球団ドラフト情報まとめ ホームにもどる

小深田大地(履正社)、スカウトは打撃技術を評価

2020年05月19日

5/18、日刊スポーツ4面より

小深田大地(履正社高・三塁手)
178cm・右投左打・動画

時には涙も糧に、成長してきた。履正社(大阪)の小深田大地内野手(動画)は178センチ、90キロの馬力あるボディーを土台とした長打力が持ち味。高校通算29本塁打を数える。視察を続けるNPBスカウトの1人は「打ち損じをしない。力もある」と技術を評価する。

1年夏からレギュラー。主軸を担う重要性は痛いほど自覚している。昨秋の茨城国体。準決勝で海星(長崎)に敗れた後、やりきった表情を見せる現阪神井上の横には1人泣きじゃくる小深田の姿があった。4点を追う9回裏2死満塁。好機で3番の小深田が空振り三振に倒れて試合終了。

「勝てる試合だった。井上さんの前で終わってしまった。3年生は最後。僕で終わるのは違う」。4番の井上に回せず、悔し泣き。目を赤くし「後ろにつなげる打者を目指します」と宣言した姿が印象的だった。

新チームとなった昨秋は3番に座り、公式戦11試合で37打数20安打17打点、打率5割4分1厘。近畿大会準々決勝の京都翔英戦では、右翼へコールド勝ちを決めるサヨナラ3ラン。3安打4打点と主軸の座に恥じない活躍でセンバツ出場を引き寄せた。

「チームを救える打者になりたい」。井上やロッテ安田のように-。プロ入りをかなえた先輩たちの背中を追う。



小深田君のバッティング動画はこちら



draftkaigi at 07:01│ │高校 
ドラフトニュース検索